この前の記事に対して、嬉しいコメントを頂きました(^^)


みなさんは、
スニーカーのサイズ選びに
マイルールってありますか?
先日 更新したブログで、
「個人的な目線でのスニーカーのサイズの選び方」
を紹介しました。
その記事へのアクセスはコチラ
→ http://mtatkk.com/blog-entry-702.html
↑この記事をアップした後、
インスタグラムでお世話になっている
とてもきれいな奥さんをおもちで、
ご夫婦揃って美男美女の
フォロワーさんから
嬉しいコメントを頂いたので、
勝手に紹介します。
@masafuji32 さんからのコメント
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@toshi.narukawaさん
ありがとうございます
先日のスニーカーのサイズ選びのブログ拝見してました
僕もそう思います
サイズがあってなくて、
広がっている人を見ると、
ガッカリしますし、
欲しくても試着してそうなるものは避けてます
ワンスター新品の頃はピカピカすぎて少し恥ずかしいですよ
 僕は幅広でずんぐりした足なので28.0cmスタートです!
革靴とかワイズが選べるものは26.5cm前後。
このワンスターは28がなかったので29.0cm。
最初は少し大きかったですが
馴染んで来てシューレースで調整が効くようになりつつあります
アジとか汚れは…あまり気にしすぎず、
でも汚れ過ぎないように軽く手入れする程度です
toshiさんの靴たちも素敵ですよね
ちょっとテイストが違って履きこなせる自信がありませんが、
本当はすごーーく欲しいんですよね!
手始めにプレストIDで作ろうかなと目論んでます


(プレストはこれ↑)
あとシルバーのバンダルがすごーーく欲しいのと、


(バンダルはこれ↑)
キャンパスあたりも増やしたいです…

(キャンパスはこれ↑)
またコチラもブログも楽しみにしていますね
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
インスタグラムをやってると、
こうやって感想を寄せて下さる方がいらっしゃるので
とても嬉しいです(^^)
ありがとうございます。
コメントを下さった@masafuji32 さん。
紹介した先日の記事に、
すごく共感して下さっています。
「  僕は幅広でずんぐりした足なので28.0cmスタートです!
 革靴とかワイズが選べるものは26.5cm前後。 」
↑とあるので、
サイズ選びの際、
僕と同じ悩みがあるんですね。
すごくわかります。
普段 28.5cmや29.0cmのシューズを選ぶ僕も、
幅広なシューズの場合なんかは
27.5cmあたりで落ち着きますから。
このコメントを下さったのは、
ある日、
@masafuji32 さんがアップなさってた写真が
すごく好みだった事がキッカケ。
masaさん足元
いかがでしょうか?
↑同氏が履いてるコンバースのワンスター。
個人的に、
めちゃくちゃかっこいいです。
@masafuji32 さんは、
他にもスニーカーをたくさんお持ちです。
気になる方は、
#masafujiの靴
↑コチラをクリック。
リンク先をご覧下さい。
と、いうことで、
僕と@masafuji32 さんもやってる
スニーカーのサイズの選び方。
改めてオススメですので、
再度こちらに紹介しておきます。
「 ワタクシ的スニーカーのサイズ選び 〜少々 大きめを選びましょう〜 」
→ http://mtatkk.com/blog-entry-702.html
【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】
ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」
Facebookページへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。