通称ウルトラマンカラー


VANDAL HIGH (VNTG)
ナイキ バンダル ハイ ヴィンテージ
ウルトラマンカラー 銀/赤 復刻モデル
詳細は、過去のこちらのブログにて紹介してます。
http://mtatkk.com/blog-entry-62.html
よろしければ、アクセスしてみて下さい(^^)
先日、同じ写真をインスタグラムへ投稿したら、
ナイキのこのバンダルというモデルに関しての
豆知識を知る事ができたので、紹介します(^^)
映画ターミネーターシリーズの第一作目。
ターミネーター1で、
マイケル・ビーン演じる カイル・リースが、
劇中で着用したのが ナイキのバンダルなんだそうです。
はじめ、
未来からやってきたカイルは素っ裸。
彼は衣服を手に入れる必要があり、
それらを盗品で済ませます。
カイルリース
↑かっこいいです。
その時、足元に選んだのがバンダルで、
カラーリングは黒/銀
正確には、
ナイキ バンダル サプリーム(シュプリーム)
NIKE VANDAL SUPREME
というモデルなのかな?
バンダル黒銀
※それぞれ、よそから画像を拝借しました。すみません。
結果、スニーカー好きの心もキャッチしたという事です。
ここで、
インスタグラムでお世話になっている
フォロワーさんが下さったコメントを紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
「 お疲れ様です。
私の持ってるコレのブルー、
映画ターミネーターの最新作に
旧作と同様に劇中に登場してて嬉しかったです
ブログ拝見させていただきますね 」
スニーカー玄人なフォロワーさん。そのお一人です。
( いつもありがとうございます(^^) )
こういった方々にコメントを頂く事自体 嬉しいのですが、
流石、やっぱりスニーカー玄人です。
出てくる情報が、とても勉強になります。
さらには、
こういった情報が届くと、
ターミネーターの最新作を観るのが
もっと楽しみになりますよね(^^)
みなさんも、映画ターミネーター内において、
カイルの足元は要チェックです(^^)b
改めて、
今回紹介している
バンダル 銀赤カラーの詳細は、
過去のこちらのブログにて紹介してます。
http://mtatkk.com/blog-entry-62.html
よろしければ、アクセスしてみて下さい(^^)
【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】
ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」
Facebookページへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。