岡山市内のおいしい焼き肉屋


この日の晩ご飯は、珍しく焼き肉でした(^^)
友人KAGくんと。
KAGくんの存在があったからこそ、
僕は 服に対する姿勢が変わりました。
良いものは良い。
良いものが高いのは当たり前。
安くても、良い服はたくさんある。
それを掘り出していく。
そんなKAGくんが連れてってくれたお店。
焼き肉 にしき
岡山市北区庭瀬247-4
086-293-0968
WEBページ
(↑クリックでアクセスできます)
創業60年というこちらのお店。
地元のお客さんが多いのか、
待ち時間 1〜2時間は当たり前なんだそうです。
待ち時間の長さに見合う程、
味は最高でした(^^)
この日頼んだメニュー
全て美味しかったですが、
牛タンが個人的に良かったです。
薄くスライスされたものではなくて、
サイコロステーキのように立方体の形。
噛み応えがあって、
オーダー一品目に最適。
ビールがウマい!
冒頭の写真が、その牛タンです(^^)
岡山市内ですが、
郊外なので少しアクセス面では不便かもです。
「出張で岡山に。」って方には不向きかもしれません。
アルコールは二人で計4〜5杯で
あまり飲んでませんが、
ひとり 3,000〜4,000円でしっかり飲み食いできました。
しかも、味はめちゃウマ。
ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」
Facebookページへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。