FOOT PRINTS:MENPHIS メンフィス


流行り廃りなく履ける、
ちょっと良いサンダルをお探しの方に。
サンダル選びのド本命。ド定番。
この日の足元はフットプリンツのメンフィス。
ビルケンシュトックのシューズライン「フットプリンツ」
サンダルの定番。
ドイツの老舗ブランド。



「砂浜を歩くように。」


人間工学に基づいたインソールの形状が、
人の足の裏にフィット。
歩いたとき、不均一に足にかかる重さを、
足の裏全体に分散させて疲れを軽減。
足の先に向かって広がる、
かわいらしいフォルムも特徴的ですよね(^^) ・


ビルケンのフットウェアを、
ゆったり目な
デニムパンツやカーゴパンツに合わせるのが好き
って人も多いんじゃありませんか?(^^)
ナチュラルテイストのファッションと相性がgoodです。



僕らの世代だと、
青春パンクバンド
「ゴーイングステディー(通称:ゴイステ)」の歌
『佳代(かよ)』に出てくる歌詞 ・


==ドイツ土産に僕にくれた ビルケンのサンダルのタグは 可愛いからまだ付けているんだ== ・


↑で知られる一面も。
#ビルケンシュトック #birkenstock #フットプリンツ #footprints #メンフィス #menphis #足元倶楽部 @ashimoto.club #フレンチアーミー #フレンチミリタリー #カーゴパンツ #ミリタリーパンツ
ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」
Facebookページへのリンクです。
30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。