イタリアのブランド ルイジボレッリについて

イタリアのブランド ルイジボレッリについて

 

ブログ内カテゴリー「欲しいモノ」
先日紹介した

ERRICO FORMICOLA
エリコ フォルミコラ(エリッコ フォルミコラ)のシャツ。

 

そのブランド解説中に触れた、

イタリアの有名ブランド “ルイジ ボレッリ”

記事更新の為に少し調べた所、

とても魅力的だったので、

今回はもう少し深く紹介しようと思います。

僕は、ここのシャツが欲しくなりました。

シャツ好きな皆さん。

準備は良いですか?(・・・←何の?)

 

一緒に勉強しましょう!

 

1957年、

ルイジ・ボレッリ氏が

“イタリアのナポリで創業したシャツメーカー”

として紹介されています同ブランド。

 

実は、ルーツがあるようで。

遡ると更に1904年。

アンナ ボレッリは、

イタリア ナポリからそう遠くはない所にある自宅で、

近所の人たちのためにシャツを仕立てた。

ここから、ボレッリ家の歴史がはじまる。

 

アンナの仕立てるシャツは瞬く間に評判となり、

ナポリのしゃれ者たちがこぞって袖を通すようになった。

 

1918年、アンナはアトリエを構え、

シャツづくりに人生を捧げるようになる。

これを継いだのが、アンナの息子、ルイジである。

ルイジ・ボレッリ(Luigi Borrelli)は

1957年、イタリアのナポリで

自身の名を冠したブランド、

ルイジ・ボレッリを創業。

シャツメーカーとしてスタート。

それまでの平面的なカッティングと、

硬い縫製のシャツばかりだった時代に、

ルイジは人体を徹底的に研究し、

ミシンとハンドワークを使い分けながら、

量産を前提としつつ、最良の着心地のシャツづくりをめざす。

特徴は、

シャツづくりのポイントとなる、

袖つけ、衿つけ、

ヨーク(背面の肩部分)、前立て(前面の釦がタテに並ぶ部分)、

かんぬき、ボタン付け、

ボタンホール、ガゼットの

8工程(8カ所)を手縫いで仕上げるというもので、

熟練の職人たちにより、

甘く、ゆとりをもちながらも丁寧に縫われることにより、

ソフトな着心地と耐久性を生み出しているそうです。

 

今現在では、

イタリアのシャツブランドとして、

フライ、バルバなどと共に、

もっとも高く評価されているブランドの一つとされています。

(※フライ、バルバは共に 有名なイタリアのブランド。)

「ナポリの伝統工芸による

前述のハンドメイド仕立てと高品質な素材使いが人気。」

 

↑とも紹介なされていて、

イタリアの上質なコットンは、

程度によりますが、

下手なシルクを

遥かに越える滑らかさを備えるとも言われてたりもするので、

そこに、

手縫いによる丁寧な作業が加わった時の

製品のクオリティーがとても気になります。魅力的です。

1980年代になると、ルイジの息子、

ファビオ ボレッリが経営に参加し、

有名になったシャツだけでなく、

ネクタイも手がけるように。

さらに1999年からは腕利きの仕立て職人たちを集め、

スーツやジャケットを生産する体制づくりにも着手。

2001年からは、シャツとおなじ発想で、

上質な着心地と最高のクオリティを追求した

スーツ、ジャケット、重衣料、ブルゾン、

パンツ、ジーンズ、ニット、アンダーウェアや雑貨まで展開する、

トータルファッションブランドとして歩みはじめる。

 

企業としても拡大し、

現在はホールディングカンパニー、クラス99社が運営している。

 

日本では伊藤忠商事が輸入販売を行なっている。

※伊藤忠商事は、コンバースジャパンを展開する事で有名な業界大手。

伊勢丹などの百貨店や

ユナイテッドアローズなどのセレクトショップ、シャツ専門店で販売されている。

シャツの価格帯は、36000円~55000円程度。

アンナ、ルイジと受け継がれてきた大いなる遺産は、

ファビオがしっかりと受けとめ、

さらに研究、改良することによって、

ハンドメイドの魅力をさらに輝かせている。

 

良質な素材選び、

ナポリの伝統を継承する卓越した仕立て技術、

独特な色彩感覚、

それらの絶妙のバランスがひとつのハーモニーとなって、

最高の着心地を約束。

過去の伝統と、現在の洗練の融合によって、

「ルイジ ボレッリ」の革新性はとどまるところを知らない。

 

魅力的過ぎですね!

完全(?)なコピペです(^^;)

いくつかのサイトの解説をひとつにしました。

カジュアルならともかく、

フォーマルなスタイリングにおいてのシャツは、

ジャケットの下に着用するインナー(むしろ肌着?)です。

ジャケット着用時のストレスを軽減させたりするのも

ひとつ大きな役割と、意識の高いブランドは考えているのだと聞きます。

なので、ハンドワークを複数取り入れた生産工程は、

その意識の高さが伺えますし、

それを踏まえた上で、

量産する事を見据えてのミシン工程とのミックスは、

ナポリのシャツ作りという文化・伝統を守りながら、

生産性とのバランスを上手く保つ

素晴らしいスタイルなんだと思います。

おそらく、

そういったイタリアのシャツブランドは

まだまだたくさんあるのだと思いますが、

超有名どころ ということで、

今回を機に「ルイジ ボレッリ」をしっかり覚えておこうと思います。

 

僕は以前から知っていましたが、

ここまで詳しくは知らなかったので、

今回がキッカケに、一枚買ってしまいそうです。

 

いや、多分買うでしょう・・・・。

参考にしたWebサイトはこちら↓です(^^)

Web Magagine OPENERS:Chapter 1 History 「ルイジ ボレッリ」は100年輝く
FASHION PRESS:ルイジ・ボレッリ(Luigi Borrelli)

こちら↓は、ルイジ ボレッリのサイトです(^^)
LUIGI BORRELLI TOKYO ONLINE STORE

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。