潔く他店を勧める。

潔く他店を勧める。

お客さんに、気持ち良く他店を紹介ってしてますか?

 

来店したお客さんが、

「○○○を探してるんです。」

と相談してくれました。

 

そんなとき、どうなさってますか?

 

僕は、自分の立つお店にお客さんの求める条件のアイテムがなければ、

自分の知る範囲でですが、他のお店を紹介します。

 

なので、

来店したお客さんが、

「○○○を探してるんです。」

と相談してくれたら、

どういったシーンで使うのか。

その場面以外でも、その先も使える方がいいのか。

好みだとどんな感じか。

いつまでに必要なのか。

 

 

考えられる範囲で質問します。

 

僕が実際にあった例を紹介します。

 

あるお客さんが、

「カントリー調のテーラードジャケットを探してるんですが・・・。」

と来店。

僕は初見の方でしたが、

何度もうちを利用してくれてる常連さんだそう。

 

そのとき、

いくつかテーラードジャケットのご用意があったんですが、

カジュアルな仕様のものしかなかったので、

まずそれら(2型くらい)を紹介。

 

そのあと、

 

・どうしてテーラードジャケットを探してるのか。
→週末にあるゴルフに必要。

・確認ですが、ゴルフは打ちっぱなしじゃないですよね?ラウンドするって事ですよね?
→そうです。

・なぜカントリー調なのか。
→そんなイメージがある。

・ゴルフは、コンペか何か?
→上司に誘われたもの

・今後も着れた方が良いのか否か
→今後も着れた方がいい。

・それは、同じように目上の方に呼ばれたゴルフで何度も着れた方が良いという意味?
→そうではなく、ある程度お洒落で、プライベートで街着として着れるようなタイプが良い。

 

などなど。

 

僕は、”上司にゴルフを誘われて行く” なんてイベントが、

人生で一度もありませんし、そういった事は今後もほぼないでしょう。

打ちっぱなしは行った事ありますけど、

ラウンドした事はないですし、あまり興味がありません。

少なくとも、”ゴルフが趣味” とはお世辞にも言えません。

(プロゴルファー猿、ライジングインパクトといった、ゴルフ漫画は好きな方です。)

 

話が少し逸れましたが、

前述のキャッチボールを踏まえ、

改めて、

自分のお店にはお客さんの条件に合うものがないと判断。

 

近くにある、スーツカンパニーを紹介しました。

 

『餅は餅屋じゃないですが、

スーツだったら、あそこのクォリティーは価格に対して高いと思いますし、信頼する作り手側の友人もそう言っていました(^^)

ですので、そこでさっきのやりとりで出た条件を伝えてみてください。

そうすれば、条件にあった一着を見立ててもらえると思いますし、

もしもそこで難しければ、

その場で店員さんに、”他で探すなら、どこかありますか?”と尋ねてみてください。

もしくは、パルコにあるユナイテッドアローズやシップスか、

ラシックにあるナノユニバースだとかの大手のセレクトショップなら可能性があると思いますよ(^^) 』

 

↑と、

対応しました。

一般的な目線で、

これが正解だったかは、知りません。

でも、僕なりに下した判断です。

結果、スーツカンパニーで良い一着を見つける事が出来たようで、

テーラードジャケットを購入してすぐに、

僕のいるお店へ戻ってきてくれ、

約3万円のレザーシューズを購入してってくれました。

 

「スーツカンパニーに行ったら、条件に合うカッコいいのが見つかって。

しかも、考えてた予算よりも大分安く済んだので、

浮いたお金で、気になってたコレ(レザーシューズ)買ってきますね(^^)

アドバイス頂きありがとうございました!」

 

という、嬉しい話も聞かせてくれました(^^)

たまに、なるべく自分のお店で見つけてもらおうと、

次から次へと的外れな提案をしてくる店・店員があったりしますが、

まずは、お客さんに条件を尋ねるのが先。

自分のとこになければ、自分の知ってる範囲で他店を勧める。

そうすれば、そうする方がお客さんに信頼してもらえるし、

「正直な接客・対応が出来た。嘘は言ってない。」

と、自分も気持ち良く胸がはれるってもんです。

 

って考えてるんですが、どうでしょうか・・・?(・・;)

 

※補足ですが、

プロゴルファー猿、ライジングインパクトといった、ゴルフ漫画は好きと書きましたが、

マリオゴルフ64(ゲーム)、風の大地(ゴルフ漫画といえばコレ!)

↑このあたりも好きです。

 

みんなのゴルフはあまりやってません。

 

 

もちろん、帽子を探してる方にだったら、

近所の仲の良い帽子屋さん「帽子屋Cabourg(カブール)名古屋栄店」(http://mtatkk.com/blog-entry-13550.html)を紹介しています。

 

不定期に、気まぐれに。

自分なりに販売員として考えてる事を綴る

カテゴリー「接客・販売員について考える」

本記事以外にもいくつか書いてます。

(↑クリックでリンク先へアクセスできます。)

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。