シャツ生地をもっと好きになる。【オリジナルのシャツに向けて】

シャツ生地をもっと好きになる。【オリジナルのシャツに向けて】

 

先日のこちらの記事で、
「リネンテスター」なるものを紹介しました。
(http://mtatkk.com/blog-entry-13565.html)

 

リネンテスターとは、

主にリネン(繊維)を検査するために作られたルーペで、

検査物が平面のものを簡易検査するときに使用します。

生地を拡大し、

織り組織を調べる事のできる

”固定式の虫眼鏡”といったところでしょうか。

繊維関係のお仕事でこのリネンテスターを使ってる方は、

もっとプロ目線での使用方法があるのかなと予想するのですが、

僕はそんなの知らないので、

自己満足に使います。

(正しい使用方法・活用方法があれば、教えてください!)

 

ということで、早速使ってみましょう!

今回は、シャツを。

シャツは、織り組織が細かいので、

拡大しがいがあるってものです。

選んだシャツはこれら。

 

 

 

エトロ2
エトロ3
「エトロ」

イタリアでテキスタイルメーカーとして誕生し、

現在では多くのファッションアイテムを展開。

生地がとにかくセクシーで、

僕自身シャツを何枚か所有してます。

made in ITALY

定価 約¥30,000-前後

 

 

 

 

individualized1.jpg
individualized4.jpg
ブルックスブラザーズのシャツを仕立てていた、

「インディヴィジュアライズドシャツ」

made in USA

定価 約¥20,000-

→ http://mtatkk.com/blog-entry-13440.html

 

 

 

 

MARIAシャツ1
MARIAシャツ11
イタリアならではなセクシーな表情は、

縫製の技術と、魅力ある生地などの賜物。

「マリアサンタンジェロ」

made in ITALY

定価 約¥29,000-

→ http://mtatkk.com/blog-entry-13422.html

 

 

 

 

12051.jpg
12055.jpg
「1205」

イギリス発のデザイナーブランド。

テーラー出身ならではなシルエット美が、

個人的にもお気に入りです。

made in ITALY

定価 約¥35,000-

→ http://mtatkk.com/blog-entry-13443.html

 

 

 

 

IMG_0469.jpg
IMG_0475.jpg
「ロロピアーナ」

高級ブランドへの生地の供給で知られ、

日本国内外の多くのブランドから、高級なスーツなどでもよく使用されている

イタリアの名門テキスタイルブランド。

made in ITALY

定価 約¥78,000-

→ http://mtatkk.com/blog-entry-13494.html

 

 

 

 

では、それぞれ拡大してみましょう!

 

リネンテスター7
「エトロ」

きれいです。

ブラウン、イエロー、ホワイトで織り上げられてます。

少しムラ感のある綿糸なのがわかります。

等間隔で走っているケーブル調のラインも良さげ。

 

 

 

リネンテスター6
「インディヴィジュアライズドシャツ」

少し粗さのある印象。

糸の打ち込み数が、最初のエトロよりも少ないのがわかります。

清涼感のある生地なので、

これくらいざっくりと織り上げられてる方がベターなのかもしれません。

 

 

 

リネンテスター5
「マリアサンタンジェロ」

リネン100%の生地。

太さにムラのある糸1本1本が、リネンらしいですね(^^)

先程の2ブランドは綿100%で、

打ち込まれた糸には所々ムラが見られました。

それらよりも、ムラが強いです。

加えるならば、

このシャツの生地はリネン100%でもシルキーな肌触りをしているので、

上質なものなんだろうなと予想します。

 

 

 

リネンテスター4
「1205」

きれい!

しっかりと、密濃く糸が打ち込まれているのがわかります。

織り柄も魅力的です。

エトロなんかと比べると、

打ち込まれた糸はこちらのほうが太いです。

そして、

マリアサンタンジェロとでは、

糸の打ち込まれている度合いが

全然違うのがよくわかりますね(^^)

 

 

リネンテスター8
「ロロピアーナ」

美しいです。

本当に美しい。

拡大してみても、それでもまだ糸1本1本を確認し辛いです。

糸ムラも見当たりません。

このシャツは、コットン×シルク素材。

軽やかで、肌触りも滑らか。

それら特徴の秘密は、

生地にも隠されてるのかなとも思わされてしまいます。

 

 

リネンテスターで拡大したものを、

さらにズームして見てみましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

リネンテスター9
きれいです。

どうですか?この生地。

セクシー過ぎませんか??

このレベルの生地を使ったアイテムは、

僕は他に持ってません・・・(>_<)

いかがでしたか?

完全にひとりで楽しんでしまった今回の記事。

やはり洋服って、

素材

紡がれた糸

それにより織り上げられた生地

裁断

その生地を活かすカッティング(型紙・パターン)

縫製(アイロン掛けや、芯地の選択も)

全て大事なんだなと思いました。

もっと知識があれば、

より良い情報を伝えれるのに!

と、痛感した今日この頃でした….orz

最後に、シャツそれぞれを過去に紹介した記事をリンクしておきます(^^)

 

 

「インディヴィジュアライズドシャツ VOWEL別注 マドラスチェック柄 ボタンダウンシャツ」http://mtatkk.com/blog-entry-13440.html

「マリアサンタンジェロ リネン チェック柄 長袖シャツ」http://mtatkk.com/blog-entry-13422.html

「1205 L/Sシャツ」http://mtatkk.com/blog-entry-13443.html

「ロロピアーナ コットンシルク ストライプシャツ」http://mtatkk.com/blog-entry-13494.html

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。