ショップ紹介「帽子屋Cabourg(カブール)名古屋栄店」

ショップ紹介「帽子屋Cabourg(カブール)名古屋栄店」

街を散策して出会うショップの中で、

素敵なショップに出会う事がいくつかあります。

そんな素敵なショップを紹介していけたらと設けました

ブログ内カテゴリ「ショップ紹介」

 

 

今回は、

ファッションに欠かす事の出来ない

大事ないち要素”ヘッドウェア”を専門に扱うお店。

名古屋で帽子を探す事の多い方におすすめな

「帽子屋Cabourg(カブール)名古屋栄店」を紹介します(^^)

 

 

 

1427295214907.jpg
1427295220169.jpg
1427295221575.jpg
1427295223115.jpg

こちらは、店長の松岡くんが僕と同郷だった事がキッカケで仲良くなり、

僕自身、自分の結婚式でスーツに合わせるハットを見立ててもらいました(^^)

僕が選んだのは、ラビットファー100%でイタリア製のもの。

素材ならではな美しい光沢を持ち合わせたセクシーなひとつ。

(また今度、改めてブログで紹介します。)

 

とてもお気に入りなハット。

松岡くんが持つ知識と、その人柄に任せての提案に

ただ乗っかっただけではありますが、

とにかく彼、お洒落なんです。

帽子のセンスはもちろん、

ファッションセンスも兼ね備えているので、

「ファッションの一部としての帽子」を相談し易いんです。

場所は、名古屋 栄のナディアパーク(LOFTの建物)の地下にあります。

(ほんの少ーし わかり辛く、僕はいつも迷ってしまうので、

インフォメーションなんかで尋ねてみると確実です。)

 

名古屋で帽子を探す事の多い方におすすめですし、

パルコに入っているCA4LA

ラシックに入っているover ride

名古屋で帽子屋と言えば、専らこの二つのお店!

 

と認識なさっている方にも新たな選択肢としておすすめです。

(実際、僕がそのパターンでした・・・(^^;) )

 

立地もひとつ大きなポイントで、

カブールが入っているナディアパーク(LOFTの建物)は、

PARCOやLACHICからすぐにアクセスできます。

 

多分、歩いて5分〜10分かからないくらいで行ける位置なので、

1 パルコに入っているCA4LA

2 ラシックに入っているover ride

3 ナディアパークのカブール

 

↑この3つで帽子を選んで見て回るだけで、

ご自身にぴったりなものが見つかるはずです。

 

 

1427295224459.jpg
1427295225766.jpg
1427295227077.jpg
同店では、ブログやフェイスブックも取り組んでいるので、

遠方の方は気になりやすいお店の様子や、

スタッフの人柄をチェックできるようにできてます。

 

帽子屋カブール名古屋栄店:ブログ

(↑個人的に、松岡くんが書く”帽子の豆知識”の記事が好きです(^^) )

 

帽子屋Cabourg(カブール)名古屋栄店:Facebookページ

 

名古屋で帽子を探す際は是非(^^)

 

 

1427295214907.jpg

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

↑ この記事を最後まで読んで下さったあなたには これらの記事↓ も楽しんで頂けると思います。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。