ある日のビッグサプライズな出会い


その日一番の出来事。



エムズ ブラック(m’s braque)
コンセプトは「モードとクラシックの間のリアルクロージング」
パリにアトリエを構える日本人デザイナー松下貴宏さんのブランド。
偶然、ご本人さんとお会いしました(^o^)
しかもなんと、写真まで!



ブランド名は知ってましたが、詳しく知りませんでした(^^;)



アイテムもいくつか拝見。
フランスで見つけたシャツ生地を使用したテーラードジャケットがかなり良かったです。



でも、少し気になる点があったので、質問しました。



“縫い代が地縫い+オーバーロックにしてあるのは何故なのか”を


尋ねると、


「上等な生地なので、その柔らかさを失わないようにする為です。」との事。




質問を裏返すと、
「この縫製始末、やろうと思えばもっときれいな収まりでできますけど、どうしてですか?」


という意味なんですが、


「そうなんです。確かに。ただ、そうすると、収まりは綺麗なのですが、
縫った箇所に固さが生まれるので生地の繊細さを潰してしまうんです。
なので、敢えてこの縫製仕様にしてます。」




という内容の会話でした。



服を知らないしょぼいドメスブランドが少なからず存在する中、
ひとつ、本物のブランドと出会えました(^o^)



松下さん。素敵な時間をありがとうございます!



エムズ ブラック(m’s braque)
かなり魅力的なブランドです(>_<) ・ ・ ・ #msbraque #エムズブラック #ms_braque #デザイナー #松下貴宏 さん #ご本人に声をかけられ入店 #Takahiro_Matsushita #TakahiroMatsushita Facebookへのリンクです。 30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-
たまに、Facebook上のみで
簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。