ADIDAS チューブラーランナー

ADIDAS TUBULAR RUNNER
アディダス チューブラーランナー
B41272 BLACK × WHITE
B41273 NAVY × WHITE
B41275 GRAY × WHITE

 
IMG_0495.jpg
発売前からずっとウズウズしていたモデル。
スニーカーヘッズ御用達の、

スニーカー情報サイト「SNEAKER WARS」さん。

 

僕も毎日チェックしています。

そんな同サイトでは、このように紹介されていました。

 

SNEAKER WARS:【国内11月21日発売予定】 アディダス オリジナルス チュブラー 全4色
(クリックで、紹介ページへリンクしています。)

 

発売前から話題を集めていた”チューブラー(TUBULAR)”。

タイヤのインナーチューブから着想を得て、

足裏の中央部分が空洞になった特徴的なアウトソールを使った一足。

 

密度の異なる2つのEVAを搭載することで、

安定した履き心地を実現している。

アッパーにはフィット感のあるネオプレーン地を採用。

また耐久性を高めるプリントのオーバーレイを重ねて、

無駄なパーツを使わず美しいシルエットをキープしている。

 

現代的かつストリートティストが組み合わさった新感覚のスニーカー!

 

簡単に言うと、

アウトソール(靴底)が変わっていて、

アッパーはシンプルに作られてます。
ざっとこんな感じ。( ←どんな感じ・・・!?)

 

もともとは、

海外から新作のスニーカーとして

情報がリークされ、一気に視線を集めたこちら。

 

まぁ、話題となるように意図的に情報が漏らされたのかもしれませんが・・・・(笑)

日本人デザイナーズブランド ヨウジ ヤマモト(Yohji Yamamoto)と

ADIDASのタッグライン “Y-3″(ワイスリー)

そのY-3から登場したQASA(カーサ)というモデルがあるのですが、

そんなQASAと同じアウトソールのシステムを採用し、

アッパーデザインも非常に洗練されたデザイン。

 

すごく人気のあるモデルなので、

それと同様に高いデザイン性を備えていたから

注目度が高かったのだと思います。

 

個人的には、

所有していないジャンルのデザインで、

その時の気分にすごくマッチしたのですぐに購入を決意。

 

そこまでは簡単でした。

 

しかし、一番頭を抱えたのは「どの色を購入するか。」

 

散々悩んだ結果、

3色買いでした。

一気に画像を貼っておきます。

 

 

IMG_0495.jpg
IMG_0496.jpg
IMG_0497.jpg
IMG_0498.jpg
前述の、

「タイヤのインナーチューブから着想を得て、

足裏の中央部分が空洞になった特徴的なアウトソール」

既に何度か履いたので汚いですが・・・(笑)

 

IMG_0500.jpg
IMG_0501.jpg
IMG_0502.jpg
IMG_0503.jpg
これ、かなり履き心地が良いです。

デザインも丁度良い。

ハイテク系はいくつか所有していますが、

そこまでエッジの効いたデザインではないし、

シンプルだから割りと使い易いですし。

 

実は、

資金繰りも大変だったのですが、

着用する頻度の少ないスニーカーをまとまった数 手放す事で、

なんとか購入しました・・・。

 

その分、後悔のない良い買い物でした。

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。