こんなブランドがあるんです。③

こんなブランドがあるんです。③

売れる物を企画できる社長。

ただ、頭の中のイメージを伝える能力がない方でした。

センスはあるのに伝え下手。

なんというか・・・

長嶋茂雄監督みたいな? 感じでしょうか?

ワンマン社長だとかでもなく、

内面のすごく素敵な方でした。

だからこそ尚、

僕らはその期待に応えたかったし、

お手伝いしたかった。

その悔しい気持ちが今でも残ってるくらいに。

しかし、ブランドをやっていくには

そうじゃだめなんです。

複数名で企画する事が少しでもあるのならば、

なるべく、

イメージ・コンセプト等をアウトプットし、

情報を共有。

軸がぶれないようにしないといけません。

というか、

そうして欲しかったのが本音です。

 

そんなこんなで、

身体を壊した僕は仕事を辞めた訳ですが、

聞いた話によると、

その自社オリジナルブランドは、

ゆっくりながらも順調に成長(?)しているようです。

企画の仕方は、某大手セレクトショップ(某”明日”ランド)で

社長が気に入ったアイテムを購入。
(↑選ぶ商品は、きれい目なアイテムが多いようです。)

好みの日本製生地を選定。

その後、自社が抱えるパターンナーさんはじめ

生産部隊に

「生地はこれ。あとはサンプルずばりで。」

と、投げているようです。

「サンプルずばりで。」

つまり、

「可能な限りサンプルと同じ物を作って。」

ということです。

これ、

実は生産側では珍しい事じゃなく、

ファッション雑誌に掲載されるような

ファッションブランドでは日常茶飯事です。

ある東京のブランドの場合、

古着屋で良いのがあったのか

もしくは自身の私物なのか

古着を送ってきて、

「○○の寸法を○○cm変更して、あとはそのサンプル(古着)ずばりでお願いします。」

なんてことも。

それが最終的に店頭へ並ぶと

ボトムス1本 ¥24,000-とかっていうのも少なくないです。

で、アイテム解説を読むと、

「生地・縫製・加工・シルエット。全てに拘り抜いたジャパンメイド。」

なんて書いてあったりする訳です。

 

それを喜んで購入する人がいるから面白いですよね。

ファッションって。

 

ブランド側に知識がなくて、

生産側(OEM会社)に

丸投げに近い生産依頼をしていようがなかろうが、

普通にカッコいいもの・魅力的なものを企画すれば、

多かれ少なかれ それを選ぶユーザーはいる訳です。

 

なので、

ブランド側には

売れるものを企画するセンスの有無というのが

非常に大事なんですね。

 

実際の所、

サンプルがあったほうが生産者側もやりやすかったりします。

生地

パターン(型紙)

縫製仕様

加工

 

ブランド側と生産者側で、共通の確かな資料が存在するから。

そういう利点はあるんですが、

僕個人としては、

特別こだわりがある訳ではないアイテムを

「こだわってます」と謳って販売するというのは

どうもしっくりこないです・・・。

 

ブランドの説明に納得して バイイングしたセレクトショップ。

それを、販売員が店頭でユーザーに伝え、販売する。

 

現在では、知識のない販売員が多く、

恐らくバイヤーにもそういった面々がいるのだと予想します。

(地方の小さいショップなんかを中心に。)

 

そういったサイクルは、この先もずっとあるのでしょう。

表面的にかっこ良ければいいのか。

ユーザーの必要としない細部にまでこだわって

販売価格がグンと高くなるのか。

 

そこは、

何が正解かとかはないと思います。

 

しかし、

拘りの強い(と謳っているだけの)【”サンプルずばり”ブランド】は、

僕は好きじゃありません。

現在、

そういったブランドがどれだけ存在してるかは正直わかりませんが・・・。

(僕がたまたま触れる機会があっただけで、実は意外と少ないのかもしれませんので、話半分でお願いします!)

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。