こんなブランドがあるんです。②

こんなブランドがあるんです。②

「ベースとして、社長のイメージはどういったものですか?

カジュアルかきれい目かでも、どちらかわかれば提案し易いです。」

 

これに対し、

 

「よくわからないけど、俺の好きそうな感じで!(^^;)」って。

 

社長。

そんなのわかりませんって・・・。

 

デザイナー=わし

この図式は悪手であること。

 

南さんのご指摘通りでした。

ブランドのターゲットイメージ。
(年齢・ファッション感度・性別・収入など)

ブランドイメージ。

価格帯。

理想の販路。

学生時代に少し習っただけですが、

 

最低でも↑こういった大枠を固めておかないといけないです。

なんなら、僕が簡単に挙げた複数項目。

これだけでは まだまだ足りないはずです。

 

でないと、

複数名でそのブランドに適した

アイディアを出し合うなんて難しいですし、

第三者へのプレゼンもできません。

 

話は少し逸れますが、

うちの社長は、センスが良い。

取引先のブランドさんに、

自分で企画したアイテムを提案し、

それが採用されると

結果、他品番と比べて

オーダー数がひとつ顔を出すんです。

 

売れるものを生み出すセンスがあるのに、

自分の頭の中を、口から出すことのできない方でした。

その人柄の良さから、

社員みんなから慕われていましたが、

たまに出される投げっ放しの課題には

みんな悩んだものです。

社長の気持ちに応えたいけど、

ことごとく提案するものが外れる。

僕らの手腕不足と言われたらそれまでですが….orz

 

でも、正直わからないてす。

40代前半で、

小学生の男のお子さんが一人いる。

トヨタの高級車に乗っていて、

サーフィンを少しかじり、

昔はハーレーに乗ってた時期も。

ロッキーマウンテン風のダウンベストや

シエラデザインっぽいマウンテンパーカ、

イタリアンブランドAGのデニム、

アメカジ色の濃厚なリアルなユーズド加工デニム、

加工をはじめ、そのこだわりの強さがめちゃかっこいいRRLのバッグ

ボッテガの財布

グッチのトートバッグ

リーガルのローファー

コモンプロジェクトのイタリア製スニーカー

それらを愛用し、

カジュアル製品の生産にずっと携わってきた

イタカジオヤジの好きな感じなんて

こっちは知りません!

 

「よくわからないけど、俺の好きそうな感じで!(^^;)」

 

嫌がらせとかではなく、

社長に悪気はないんです。

だからこそ尚、

僕らはその期待に応えたかったし、

お手伝いしたかった。

 

その悔しい気持ちは、

今でも残ってます。

 

もう少し続きます。

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。