デザイナー=わし

デザイナー=わし

現在、世の中には相当数のファッションブランドが存在します。

コレクションブランド

ファストファッションブランド

カジュアルからストリート。

プライスゾーンもテイストも様々。

 

その多くの中で、

「こんなブランドも存在するんです」

なんて内容を数回に分けて綴ろうと思います。

 

そして、その前に必ずお読み頂きたい記事がふたつほど。

 

僕の愛読している数あるブログの内のひとつ

「南充浩の繊維産業ブログ」さん

南さんは、こんな経歴の方です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

繊維業界新聞の記者として

ジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。

同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。

退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。

その後、ファッション専門学校広報を経て独立。

現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

(リンク先のブログからそのまま引用)

 

つまり、

アパレル業界を内側からよーーーーーーくご存知な方です。

僕自身、

アパレル業界のほんの一部ならばわかるので、

よくこんなにわかり易く文字におこせるなぁ・・・

なんて感動しながら読んでたりしてます。

そんな同氏のブログ。

 

とても勉強になる記事が多いです。

(おすすめです。)

その中から、

 

まず先にお読み頂きたい記事がふたつほど。

南充浩の繊維産業ブログ:以心伝心はありえない

南充浩の繊維産業ブログ:熱い思い「だけ」を語るのはディレクションではない

 

生産側の代表や社長で、

伝達能力の低い人間が自社ブランドを立ち上げて展開しようとすると

よく陥りがちな例。

そういった内容の事を

わかり易く綴られています。

前者から一部を。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

デザイン経験のない社長や社長の親族が「デザイナー=わし」とやるのは一番の悪手である。

次によくある失敗は、デザイナーに依頼したは良いが、具体的な指示や依頼を何一つ与

えないという場合である。

 

 

今度は後者から一部を。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最近では産地企業が

自社でオリジナル製品の開発に乗り出すことが増えた。

一部は成功しつつあるものの、

大半は製品化すらできずに終わる。

中には単に助成金を費やしたのみで何のノウハウも蓄積できずに終わる場合もある。

なぜなら、

1、ディレクションとしての体をなしていない

2、自称ディレクター(経営者)の脳内に製品やデザインの具体的イメージがない

「熱い思い」なんて何時間語られたってデザインの具体化にはほとんど役に立たない。

それはディレクションではなく、コンセプト作りという作業である。

 

 

いかがでしょうか?
かなり気になる内容じゃありませんか?

さんざん南さんの記事を紹介しましたが、

これに近い経験を僕も実際したので、

それについてのブログを

不定期ながら書こうと思います。

(南さんのものからすれば、大した経験じゃない可能性大です・・・orz)

 

とりあえず、今回はここまでで。

 

ではでは

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。