インディビジュアライズドシャツ VOWEL別注 マドラスチェック柄 ボタンダウンシャツ

INDIVIDUALIZED SHIRT VOWEL別注 Madras Check柄 Button Down Shirt
インディビジュアライズドシャツ
VOWEL別注 マドラスチェック柄 ボタンダウンシャツ

 

 

 

individualized1.jpg
individualized2.jpg
individualized3.jpg
individualized4.jpg
individualized5.jpg
インディビジュアライズドシャツは

長年に渡ってブルックスブラザーズのオーダーシャツを手掛けてきた

実力派ファクトリーブランド。

 

ネットや セレクトショップの謳い文句として

よく目にする・耳にするのは

こんな↑↑感じでしょうか。

 

ちなみに

ブルックスブラザーズは、

リンカーンをはじめとしたアメリカ歴代大統領や

ハリウッドスターがそれに身を包み、

1979年には日本へ上陸。

 

高品質のブランドとして認知され、

多くのビジネスパーソンに受け入れられています。

(オフィシャルWebサイトから抜粋。)

 

そんな名門ブランドの

オーダーシャツの生産を担っていたメーカーが

INDIVIDUALIZED SHIRT(インディビジュアライズドシャツ)です。

 

さて、

それでは説明を。

 

個人的にデザイン良し。

 

メイドインUSAである。

縫製仕様自体は良い。

(縫製の質は、完璧ではない。)

 

つまり、本当のところ どうなのかわかりませんが、

名門ファクトリーブランドといったところで、

そこはアメリカだからか、

脇の縫製で甘い箇所(ステッチの乱れ)有り。

(画像5枚目です。)

 

VOWEL別注なのは別にどうでもいい。

柄合わせは 左右の身頃のみで、

袖まではなされていない。

釦は天然素材ではない。

釦の留め付け方はGOOD。

 

税込みで、

¥20,520-が、¥8,208-でした。

 

これなら、買いだ!!!

ということで購入。

サイズ感も問題ありませんし、

デザイン自体がシンプルに好きなので、

しっかり着倒そうと思います。

 

 

 

 

individualized1.jpg

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。