アイロン台 仕上馬

アイロン台 仕上馬

タンスの奥に眠っているアイテムでも、

これを紹介したいかなと ふと思ったものや、

購入したてだろうが、

購入から少し間が空いてしまおうが、

その時の気分で私物を紹介するカテゴリ

「買ったもの・ワードローブ紹介」

 

今回は、

アイロン掛けが大好きな方々におすすめしたいアイテム。

 

「仕上馬」です。

 

 

 

仕上げ馬1
仕上げ馬2
こちらの記事「2014/06/24 休日の過ごし方」で書きましたが、

休日にシャツのアイロン掛けをする事が多いです。

 

もちろん、

シャツ以外にもスラックスなどもアイロンしてあげるんですが、

普通のアイロン台ではどうも限界がある。

と いう事で

ずーーーーーっと欲しかった訳です。

この「仕上馬」と呼ばれるアイロン台が。

 

服飾専門学生時代から

アパレルの生産側の業界にいた頃には

身近に普通に存在したこいつ。

 

そこから離れると全然 身近じゃない。

 

おかげで、

アイロン掛け作業がうまく捗りません。

 

購入にあたりネットで調べてみると、

色んなサイトがヒットし、

軽いパニック状態になりました。

 

値段も安いものから

そうじゃないものまで。

なので、

 

専門学生時代によく使っていた

学校の設備としてあった仕上馬に近いものを探し、

値段もお手頃なものを選びました。

 

利用したお店はこちら。

安藤ミシン商会さん

届いた実物を確認してみると、

製造元の「株式会社ロイヤル」という会社は、

昭和34年に 裁縫道具を皇室へ納めた事のあるところだそうです。

あまりきれいに撮れてませんが、

いくつか写真を載せておきます。

 

 

 

仕上げ馬3
仕上げ馬4
仕上げ馬5
実際に使用してみて特に問題もなく、

シャツ・スラックスなど、

筒状のディテールを持つ衣類のアイロン掛けが非常に捗るようになりました。

ご興味のある方・アイロン掛けが好きな方は是非、

仕上馬を使ってみてください。

一応、安藤ミシン商会さん内のショッピングページをリンクしておきます。

 

安藤ミシン商会:仕上馬 ショッピングページ

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。