REEBOK Insta Pump Fury OG × END.

REEBOK Insta Pump Fury OG × END.
pumpfuryシトロンxエンド1
pumpfuryシトロンxエンド4
pumpfuryシトロンxエンド2
pumpfuryシトロンxエンド3
生誕20周年で復刻リリース中のリーボックのポンプフューリー。

そのポンプフューリーと、

イギリスのファッションショップ「END.」との1足です。

アウトソール底の絶妙な色味。

ワインをコンセプトに企画されている事による

アッパーのワインレッドの具合。

上記で十分満足できる配色なのに、

ダメ押しで金色を差し込んできているのが

たまりません。

20周年記念だからと、

リリースされる展開数がかなり多いように感じますが、

1足1足がなかなかに良いツボを突いてきます。

 

元祖ひらパー兄さんよろしく

ブラマヨ小杉の言葉をお借りするなら、

「俺の購買意欲、もてあそぶやん!?」状態です。

 

スタンスミス、ポンプフューリー、コンバースのファーストストリング。

他にも色々とナイスなアイテムと出合っておりますこちらトロント。

 

お金があったら、

ほとんど全部買ってます。

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。