ショップ紹介「LIVE STOCK」

ショップ紹介「LIVE STOCK」

 

 

 

 
街を散策して出会うショップの中で、

素敵なショップに出会う事がいくつかあります。

そんな素敵なショップを

紹介していけたらと設けました

ブログ内カテゴリ「ショップ紹介」

 

既に帰国してはおりますが、

今回もカナダのお店。

スニーカー好きの方が

押さえておいて損はないトロントのお店

「LIVE STOCK」さんです。

 

 

 

livestock1_201403071158312b3.jpg
livestock2_20140307115832d3a.jpg
livestock3_201403071158342c9.jpg
livestock4_20140307115835f86.jpg
livestock5_20140307115849129.jpg
livestock6_20140307115850c01.jpg
livestock7_20140307115851732.jpg

カナダ国内のバンクーバーとトロントに

お店を構えていらっしゃるショップで、

トロント店を紹介。

 

以前に紹介した「capsule」さん(http://mtatkk.com/blog-entry-13326.html)と、

今回の「LIVE STOCK」さんとで、

トロントのスニーカーショップ二本柱

という風に認識しても良いんじゃないかと

個人的に思います。

お店の看板が、

各メーカーのシューズボックスを積んだ

デザインになっているのもかなり良いです。

 

撮影させてもらった日に

お店に並んでいたもので好感触だったスニーカーの写真も

貼っておきます。

 

PUMA DISC BLAZE New Years Pack

diskblaze金銀1

 

日本人クリエイター倉石一樹氏の手掛ける84-LABとのコラボライン

ADIDAS 84-Lab CNTR WELD

livestock商品1

 

 

ADIDAS BLUE CITY MARATHON

livestock商品2

 

写真上のADIDAS 84-Lab COUNTRY WELDは、

日本国内だと¥21,000-ですが、

それよりも価格が安かったです。

 

他にも、

普通の商品とは別に飾られているものも。

 

livestockレア1
livestockレア2

僕のへっぽこリスニング能力によると、

おそらくですがこれらは、

お客さんが手に入れたレアなスニーカーを

お店が買い取り(もしくは委託)、

販売なさっているようです。

 

スタッフとは顔馴染みになれたけど、

もう忘れられてるだろうなぁ・・・。

 

AKというスタッフさんが

気さくで良い方でした。

 

Hey , my friend AK .
I miss you …..

 

グッドなスニーカーショップ。

 

おすすめです。

 

 

LIVESTOCK – TORONTO
116 spadina unit g1
Toronto, ONT M5V 2K6

 

LIVESTOCK -Webページ-

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。