CONVERSE ファースト ストリング チャックテイラー 1970’s Hi 復刻版 Red クリスマスパック

CONVERSE First String Chuck Taylor 1970’s Hi Red
Christmas Pack
コンバース ファースト ストリング チャックテイラー 1970年 復刻
ハイカット レッド クリスマスパック

 

以前に別の色のヘリテージブルーを紹介(→ http://mtatkk.com/blog-entry-13847.html)し、

その後、おそらくコンバースアメリカ(コンバースUSA企画) のインラインに近いと思われる

1970’sの復刻シリーズもこちらで紹介(→ http://mtatkk.com/blog-entry-13351.html致しました。

 

 

今回は、ファーストストリングから、

赤のハイカットで、

クリスマスパック(Christmas Pack)として

グリーンのローカット(OX)とともにリリースされたカラーです。

firststring赤1
firststring赤2
firststring赤3
firststring赤4
firststring赤5
firststring赤6
ヘリテージブルーの記事から、

内容をそのまま引っこ抜きます。

①All Star Molded Sole.
旧仕様ソール

②Upper reinforcement.
補強布(かな?)

③Player’s name label inside tongue.
シュータン裏に選手名記入欄

④Heel patch.
三ツ星ヒールパッチ

⑤Sponge insole with arch cushion.
アーチクッション スポンジインソール

⑥Foot Form Last for fit & comfort.
フィット性&快適性を備えたラスト仕様

⑦Aluminum eyelets.
アルミ製アイレット(鳩目)

⑧Loose lined layered canvas uppers.
糸がルーズに打ち込まれた旧仕様キャンバス(帆布)製

 

 

 

 

 

コンバース アメリカ企画の一足。

1970年代製復刻版のオールスター チャックテイラーです。

当時の仕様を再現しているのですが、

アメリカ製ではありません。

現行では見られないシューボックスだったり、

シューレースがコットン仕様です。

 

 

 

 

 

 

I like good guys from CONVERSE U.S .

most guys from CONVERSE JAPAN are like a douche bag lol

some stuff of CONVERSE JAPAN are cool though .

 

 

 

 

 

 

海外企画のコンバースに興味のある方。

こちらの記事も併せてご覧下さい(^^)

【スニーカー玄人向け】日本で入手し辛い 海外限定のコンバース

※海外コンバースのレアシリーズ。

「プレミアムライン」&「ファーストストリング」のモデルを

ひとつの記事にまとめて紹介しています(^^)

→ http://mtatkk.com/blog-entry-13670.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

 

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。