トートバッグ制作④

トートバッグ制作④

 

トートバッグ制作①
トートバッグ制作②
トートバッグ制作③

前回で、

縫い代にロック(生地の端にほつれ防止のステッチ)を

施す所まで完了したので、

今回は、いよいよ本格的な縫製に入ります。

 

とは言うものの、

すぐに縫製には入れません。

 

まずは、今後の作業をスムーズに行う為、

バッグの袋口にアイロン掛けをします。

 

トート縫製1
折り紙でも、次の折る行程を円滑に行う為に、

折り跡を付ける事があると思うんですが、

それと同じような行程です。

 

袋口の縫い代は、
(縫い代:のりしろに近いイメージ。ステッチを走らせる為に必要な、生地の余白部分。)

1cm と 3cmの三つ折り仕様にしているので、

生地端から1cmの所で一回。

 

さらにそこから3cm(生地端からは計4cm)のところにも

アイロンで折り癖をつけます。

 

 

トート縫製2
画像内にある線の入った白いものは厚紙です。

 

これは、三つ折りアイロンを効率よく行う為に用意したもので、

3cm の幅の紙に、端から1cm の所に平行して線が入っています。

 

これを仮に紙定規とします。

その紙定規を裁断物の端から 1cm の位置に置き、

まずは縫い代 1cm を定規上のラインに沿うように

アイロン掛けです。

 

しっかりと 1cm の縫い代をアイロンしたら、

次はそこから 3cm 幅の縫い代をアイロンするのですが、

ここで紙定規がその能力を発揮します。

 

トート縫製3
上の画像のように、1cm の縫い代を紙定規に引っ掛けた状態のまま、

くるっと定規と布を一緒に折り、

見事 3cm 幅縫い代のアイロン掛けが完了します。

 

余談ですが、オーバーロックの糸調子が少々良くないです。

しかし、糸調子の設定を変更すると、

ミシンをお借りしている方に迷惑をかける為、

お借りしたそのままの状態で作業は進めています。

 

この状態でも生地がほつれる事は

ほぼないハズです。

紙定規を抜くと、このような状態。

トート縫製4
1cm + 3cm の三つ折りアイロンがばっちりできています。

次に底布の縫製。

(底布のアイロン掛けは、周囲 1cm で単純に折ってアイロンするだけなので、画像はありません。)

 

裁断の際に、

底布の四つ角がくる位置から少し控えたポイントに

印付けをしているので、

そこへ底布の四つ角をポイントを隠すように当て、

生地端から 0.2cm をステッチします。

四方叩き付けの、0.2cm コバステッチ。

 

トート縫製5
次に、バッグの脇を2カ所縫います。

縫い代オーバーロック+ 1cm 地縫い後、割りアイロン。

 

トート縫製6

 

 

脇が縫い終わったら、

バッグをボックス状にする為、

マチ部を縫います。

 

トート縫製7
上の画像のように、

二等辺直角三角形の型紙を用意し、

その角をバッグ底の角に当て、

バッグの脇線がずれていないことを確認して

まっすぐ縫います。

 

ここまでくると、

トートバッグらしさが出てきます。

 

写真を撮影し忘れたので、

よそ様から引っ張ってきましたが、

このような状態。

 

紙袋
こちら ↑ の画像の紙袋の袋口に、
アイロンが掛けられた状態です。

 

最後は、袋口に肩ひもを

指定の位置に挟み込みながら

ミシンを踏んでいきます。

トート縫製8
最後の完成写真も撮り忘れておりました・・・(笑)

しかし、よくあるトートバッグのと同じ感じです。

ここから、最後にもう一工程加えるので、

それはまた次回に。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。