インスタポンプフューリー 20周年記念 第二弾

インスタポンプフューリー 20周年記念 第二弾
FASHION PRESS:
リーボック クラシック「インスタポンプフューリー」が20周年 – 第2弾として5色が復刻

pump復刻第二弾
先日、ポンプフューリー20周年記念として復刻した
”これぞリーボック!” 的カラーの「シトロン」
そのシトロンに続き、
20周年記念リリース第二弾として、
画像の5カラーが発売されるそうです。
(画像手前から)
前期型のシトロンに対して、
後期型と呼ばれる仕様となった
96年登場のトリコロール
同じく96年登場の
パープル(バイオレット)
歴史的な香港返還の97年に、
香港リーボックから
1997足限定でリリースされた香港返還カラー
シトロンに近いカラーリングで登場した初代ジャッキーver.
そののちの98年に発売された
2代目ジャッキー・チェンモデル
2000年に香港で2000足限定販売された
Y2Kカラー
(多分、YEAR2000という事でしょう。)
(一番奥のは知識がなくてわかりません・・・orz)
※少し調べ、加筆致しました。
ポンプフューリーには
「前期型」と「後期型」が存在し、
第一弾で復刻されたシトロンのオリジナルは「前期型」で、
20年前に登場。
それが先日、ある意味完全復刻なされたのです。
実際、「シトロン」と呼ばれる
このカラーリングのポンプフューリーは
復刻された事があるのですが、
正確にはディテールが違った訳です。
そして今回の5カラーは、
「後期型」と呼ばれるタイプで、
それぞれのオリジナルが初登場した際は、
シトロンとは少し仕様の違う形だったので、
今回の復刻で当時では見られなかった
「前期型」にそれぞれの配色を落とし込まれています。
ここで問題なのが、
「前期だ後期だ」と書いているにも関わらず、
僕はただのスニーカー好きであるだけで
肝心な知識をあまり持ち合わせていないので、
『「初期型」は○○色や○○色の展開があって、
ディテールはあそこがああで、ここがこうなってるのに対して、
「後期型」はあそこはああで、ここはこうなっています。』
なんて語れないのがダメで、
追手内 洋一(ついてない よういち)ばりにダメダメですが、
そこは深く。そして魅力あるスニーカーの世界です。
もっと詳しいたくさんの方が必ずいらっしゃるので、
そちらをご参考ください。
僕自身、杉田 努力(すぎた どりょく)ばりに
リサーチする努力が必要であるのかもしれません。
しかし!
深すぎる世界です。
興味のある範囲でのんびりやっていく事にしております。
次はどんなカラーが登場するのか楽しみですね!
※スーパースターマンは嫌いでしたが、
変身シーンは好きでした。
(あの、目を立てるやつ。)
Facebookのページも用意しました。
https://www.facebook.com/pape775

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。