CANADA GOOSE × Loro Piana BRANTA collection

CANADA GOOSE × Loro Piana BRANTA collection
カナダグース×ロロ・ピアーナ ブランタコレクション

個人的におすすめなものを

ジャンルレスに紹介するカテゴリ「おすすめ」

 

今回は、こちらで見掛けた

カナダグースの高級ライン

「ブランタ(BRANTA)」からリリースされていた

良さげなアウターを紹介致します。

 

 

 

lorocanadagoose3.jpg
街でいくつかのお店で見掛ける事があった物で、

「おっ。カナダグースって、ロロ・ピアーナの生地仕様のも出しとるんや。」

程度の印象だったのですが、

 

日本ではまだそこまで馴染みがある訳ではなさそうでしたので、

こちらで紹介致します。

 

カナダグース
(日本正規代理店Webページより。)

 

1957年、カナダ北東部の都市トロントに、

1件の小さなガーメントファクトリーが誕生しました。

繊維産業で栄えるその地に創業した『カナダグース社』がはじまり。

現在、コストダウンを迫られ、

低コストでの生産が可能な地へと

生産を移すアウトドアブランドが多い中、

厳密なプロダクトコントロールと、

常に革新を続ける確かな技術力で

「メイド イン カナダ」にこだわり生産。

創業当初から50年近く、

カナダグースの製品は、

カナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々や、

南極探検隊、エヴェレスト登山隊などの

プロフェッショナル達にも製品を提供し続け、

また現在も カナダ・ナショナル山岳レスキューチームでの公式採用。

極寒地に活動するカメラマンなどに愛用されています。

(少し手を加えていますが、ほぼ原文のままです。)

 

 

カナダグースは近年 日本でも人気が高く、

店頭や 実際に着用している方など、

街で多く見る事ができます。

 

 

lorocanadagoose5.jpg
lorocanadagoose6.jpg

次に、ロロ・ピアーナに関しては、

以前、こちらの記事(http://mtatkk.com/blog-entry-13353.html)でも紹介致しましたが、

イタリアの高級テキスタイルメーカーです。

 

そんなロロ・ピアーナが開発した

ストーム・システム(storm system)を採用した

ウール生地を表地に使用しています。

 

ここで、

ストーム・システム(storm system)とは何か、

調べてみました。

 

ストーム・システム(storm system)

天然の原毛と優れたテクノロジーを

革新的に融合させることで開発された服地。

 

天然のウール素材が持つ

保温性・断熱性を最大限に引き出しつつ、

防水・防風と浸透性を備える。

 

超軽量のミクロ分子で、

防水・防風の皮膜は内側の蒸気を外界に逃がす優れた性質を持ち、

その皮膜を服地の裏側に貼ることで

外界からの湿気や風の進入を防ぎ身体を保護する一方、

不快な発汗を外に逃がし、身体が自由に呼吸出来る状態を実現。

 

特別なレインシステム加工により、

表面の雨粒を弾くなどのテクノロジーを駆使した仕上がりが、

快適な着心地を体感でき、実用的にも優れた素材となっている。

 

 

つまり、

おそらくはゴアテックスのように

水分よりも小さな穴が

雨や雪などの侵入を防ぎ、

尚かつ防風機能も兼ね備えながらも、

発汗による蒸気は、

その穴が蒸気よりかは大きい為に

不快な蒸気をしっかりと生地の外側に逃がす機能性。

 

まさに、おおよそそれに近いスペックを、

ロロ・ピアーナがもつ

質の高いウール素材に特殊加工をすることで可能にしている。

 

そんな感じではないでしょうか。

 

加えて、

ストーム・システムを調べる中で

興味深い記事がございましたので、

元記事へのリンクと共に、

一部抜粋・紹介します。

 

ボンディング素材の耐久性について(ロロピアーナのストームシステムとか)。

ボンディング素材というのは、

私が見た洋服のタグに書かれていた説明を見ると、

「2つの生地を張り合わせた(ボンディング)もので、

独特のハリとコシがある。

特性上、年月の経過で劣化して、剥がれ、浮きがでる。耐用年数は2年~3年。」

一口にボンディングと言っても

もちろんいろんな種類があると思うので、

あくまで自分で直接問い合わせてみた商品というかコートについてだけど、

丁寧に扱ってケアをすれば5~10年は使えるとだろうとの説明だった。

 

説明によると

高機能のフィルム自体は半永久的に効果があるけど、

フィルムが剥がれると着用できないので、

それを防ぐのがポイントで、防ぐためには生地を傷めないのが大事。

 

生地が痛むと生地とフィルムにズレが出て剥がれやすいとのこと。

 

使い方次第で耐用年数は変わるので、

生地の剥離に注意してケアすることで

5~10年(この期間も5年と10年じゃ凄い差だけど・・)は着られるだろうとのことだった。

 

 

 

ストーム・システムは、

この「ボンディング素材」というジャンルに属しているようです。

リンク先の元記事では、

 

独特のハリとコシがある。

 

と ありますが、

今回のこのアウターではハリとコシはやや感じられる中、

その割に柔らかいなぁ。

 

という印象でした。

その、

「ロロ・ピアーナのストーム・システム」

「カナダグース」が

タッグを組んだ訳ですね。

 

加えて、

こちらは BRANTA(ブランタ) という

ファッション性を高めた高級ラインだそうで、

肩にあるブランドアイコンのワッペンが、

オールブラック(ブラックディスク)となっています。

 

 

lorocanadagoose4.jpg
この黒いワッペン。

日本でもセレクトショップ別注もので使用されているもので、

元々はBRANTAコレクションの為のものだったのだそうです。

 

ミリタリーベースなデザインが多い印象の「カナダグース」も、

生地を変更する事でここまで品のある製品に昇華するんですね。

なので、スーツの上に着用する事もできるでしょうし、

きれい目な服装の方で、

高機能なアウターをお探しの方なんかに向いてるんじゃないでしょうか。

 

 

lorocanadagoose3.jpg
最後に、

トロントでのカナダグースの着用率について・・・。

 

めちゃくちゃ多いです。

 

多くの国々から

それはもう多くの人種の方々が移民している地なのですが、

人種問わず本当に色んな人がカナダグースを着ています。

 

極寒の環境から身を守る為に

ある程度クオリティの高いアウターを着用するという

背景もあるのでしょうが、

日本でのブームよりも何年も以前に、

トロントでも「カナダグースブーム」というのがあったそうです。

その為、こちらで出会ったアパレル関係の知り合いは、

「既にカナダグースは お洒落なものではない。」

という風におっしゃっていました。

実際、

あまりにもポピュラーになり過ぎて、

ファッションセンスのない人が着用しています。

モデルとしては、

ショート丈で裾がリブ仕様のタイプ(名前は知りません。)を

結構みんな着てる気がします。

僕自身、

特にそのモデルが嫌いで、

あんなに着回しの幅が狭く感じるモデルを選ぶのはどうかと思ってしまいます。

と申しますのも、

今流行りのものですとMA-1だとかそうなんですが、

古着だとかで見られる ただのMA-1のように、

ゴリゴリ過ぎるミリタリー色が

強過ぎる気がして、

どうも敬遠してしまいます。

どストレートなMA-1は、

やや大きいサイズでハズしで着るストリート寄りな取り入れ方か、

普通のストレートデニムで合わせる王道アメカジスタイルでしか、

着用イメージが涌きません。

この先を見据えて購入するならば、

どこかのブランドが形(型紙・パターン)を現代風にし、

生地もクセの強すぎないものに変更したタイプを選ぶべきではと思います。

脱線してしまいましたが、

機能性は間違いのないカナダグースです。

 

他の着用者との差別化を狙うという意図を含め、

このロロ・ピアーナとのコラボモデルを選んでも良いと思います。

 

lorocanadagoose1.jpg
lorocanadagoose2.jpg

ではでは。

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。