CONVERSE Chuck Taylor 1970s collection

CONVERSE Chuck Taylor 1970s collection
コンバース チャックテイラー 1970s仕様 復刻版
(1970年代復刻仕様の海外流通モデル)

 
consnew1970s1_201402121403397d7.jpg
トロントのスニーカーショップで出合った

コンバースのチャックテイラー

1970年代仕様(Chuck Taylor 1970s)のシリーズ。

海外企画ですので、

伊藤忠との兼ね合いから

日本での流通が極々少ないシリーズなのですが、

日本ですと、日本のストリートブランドの雄

「ネイバーフッド(neighborhood)」とのコラボや、

アッパーがペンキで覆われた、

あの「メゾンマルタンマルジェラ(maison martin margiela)」とのコラボで

話題になった70年代チャックテイラーの復刻モデル

「ファーストストリング(First String)シリーズ」に近い仕様です。

以前にもこちらの記事(→ http://mtatkk.com/blog-entry-13304.html)で、

ヘリテージブルー(HERITAGE BLUE)のものを一度紹介しました。

今回は、

とある日にふらっと顔を出した

よく行くスニーカーショップで

全色(?)揃っていたのを写真に撮らせてもらいました。

First Stringシリーズは、

海外でも限られたショップでしか手に入らないモデルなのに、

全色 再リリース(?)と思い 手に取ってみると、

前回ヒールパッチが三ツ星だったのに対し、

今回のものは、「CONVERS ALL STAR」の表記になっていました。

今回

consnew1970s7_201402121404036dd.jpg

前回

cons1970③
店員さんに尋ねてみてもわからないようで、

「I don’t know why ? (俺もちょっとわかんないよ。)」

といった風でした。

他にも、前回のFirst Stringシリーズは

シューズボックスが特別な物だったのですが、

今回は普通のタイプなのだそうです。

ちなみに、前回のシューズボックスはこちら。

cons1970⑤
細かい仕様は前述の以前の記事をご参照頂くとして、

今回は撮影させてもらった写真を複数枚貼っておきます。

consnew1970s1_201402121403397d7.jpg
consnew1970s3_20140212140341553.jpg
consnew1970s2_201402121403409d1.jpg
consnew1970s4_201402121403424de.jpg
consnew1970s5_20140212140345756.jpg
consnew1970s6_20140212140400623.jpg
consnew1970s7_201402121404036dd.jpg
consnew1970s8_20140212140403483.jpg
consnew1970s9_2014021214040539b.jpg
スニーカー好きな方々で、

日本のコンバースの企画は

「どうもしっくりこない。」という方が多いのかな?

という印象で、

日本ではアディクトシリーズ(ADDICT)なんかがありますが、

なんせ高い。

ビブラムソールとかどうでもいいので、

こんな風にシンプルに古い仕様を復刻してほしいと思う。

経済的にあまり余裕のない いち消費者の切実な願いです(笑)
Which CONVERSE is better for you , Japanese product or U.S one ?
I hope Japanese CONVERSE gets better like U.S more than now .

 

 

【海外企画のコンバースに興味のある方。】

こちらの記事も併せてご覧下さい(^^)

 

【スニーカー玄人向け】日本で入手し辛い 海外限定のコンバース

※海外コンバースのレアシリーズ。

「プレミアムライン」&「ファーストストリング」のモデルを

ひとつの記事にまとめて紹介しています(^^)
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13670.html

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。