幻想的なピンボケ写真 from TOKYO

幻想的なピンボケ写真 from TOKYO
DDN JAPAN:東京の風景が魔法の街に「素晴らしいボケ写真」(英語でBokehっていうんだね)
東京ピンボケ写真1
東京ピンボケ写真2
東京ピンボケ写真3
東京ピンボケ写真4
東京ピンボケ写真5
東京ピンボケ写真6
東京ピンボケ写真7
リンク先の元記事による紹介から、
普段はシステムエンジニアなさっているTakashi Kitajima さんの作品だそうです。
普段 私たちが生活の中で、
何気なく目にしている風景を このように幻想的に捉えるなんて素晴らしいです。
撮影者Takashi Kitajimaさんはプロの写真家の方ではないようで・・・。
そういった点でも、素直に魅入ってしまう作品です。
All of us are able to see such scenes at night .
It’s like these stuff .
How do these pictures of light from Tokyo make you feel ?

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。