バスケットボール made by エルメス

バスケットボール made by エルメス
ギズモード・ジャパン:
「絶対にドリブルするなよ!」と言われそうな高価すぎるバスケットボールが登場!
エルメスボール
どういった方が購入するんでしょうか・・・?
リンク先の元記事によりますと、
エルメスが制作した12900ドル(約127万円)もする
こちらのバスケットボールは、
ビバリーヒルズのショップ改装を記念してのものだそうです。
カーフスキン使用で、
エルメスの職人がバーキンを作るのと同じハンドステッチが施され、
かなり贅沢な一品。
生産数はたった2個との事です。
一般的なバスケットボールとは違い、
カラーは ロサンゼルスとカリフォルニアの
空、海、プールをイメージしたものだそうですが、
画像を見る限り、ララァ・スンが搭乗したエルメスのカラーをイメージしたのでは!?
これは、ただの偶然なのでしょうか・・・。
(100%。偶然でしょう。)
ガンダムのファーストが観たくなってきました。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。