アンリアレイジ(ANREALAGE)の展覧会

アンリアレイジ(ANREALAGE)の展覧会
FASHION HEADLINE:
アンリアレイジ展覧会「A REAL UN REAL AGE」が名古屋で開催
2012年12月に渋谷パルコで開催された
アンリアレイジ(ANREALAGE)の展覧会「A REAL UN REAL AGE」が、
名古屋パルコギャラリーを巡回する。
会期は8月30日から9月16日まで。
他サイトでのブランド紹介をまとめてみました。
アンリアレイジは、森永邦彦氏がデザイナーを務める
2003年 設立の東京発のブランド。
「AN・REAL・AGE」とは“日常、非日常、時代”を意味し、
2005年「GEN ART 2005」にてアバンギャルド大賞を受賞。
2006年、東京コレクションランウェイデビュー。
2009年、ストックホルム東洋博物館にて展示。
僕の中で、アンリアレイジは造形的・アーティスティックな作品を多く出している印象です。
実際に、金沢21世紀美術館にて
展覧会「A COLOR UN COLOR」が11月24日まで開催中だったりします。
リアルクローズとしてはあまり興味がないのですが、
服と言う媒体を通してひとつのアートに触れている気がするので、
見ていて楽しいです。
行きたいです・・・!

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。