モネの「ラ・ジャポネーズ」

モネの「ラ・ジャポネーズ」
roomie:
モネの「ラ・ジャポネーズ」が来年日本にやってくる!
マジか・・・・。
元記事を拝読した際の第一印象はそれでした。
何故かというと、モネの「ラ・ジャポネーズ」を知らなかったからです・・・orz
モ、モネは す、睡蓮がゆゆゆ有名ですからねっ!!
こちらでも拝借した「ラ・ジャポネーズ」の画像を貼っておきますが、
僕、すごく好きですこれ。
モネ・ジャポネーゼ1
着物の質感だとか最高です。
武士の刺繍なんか迫力があるし、おそらく素材はシルクなのでしょうか。
鈍い光沢感も美しく表現なされています。
モネ 、1876年の作品だそうです。
最後に、コピー&ペーストで恐縮ですが・・・
「ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展」
2014年6月28日〜9月15日:世田谷美術館
2014年9月30日〜11月30日:京都市美術館
2015年1月2日〜5月10日:名古屋ボストン美術館
来年ですので、ご注意ください!!

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。