14歳が生み出すミニチュア世界のフォト加工アート

14歳が生み出すミニチュア世界のフォト加工アート
roomie:
14歳が生み出すミニチュア世界のフォト加工アート
リンク先の元記事でしっかり紹介なされているのですが、
個人的に素敵な記事でしたので、紹介致します。
8歳からフォトショップを使いはじめ、現在14歳のZev Hoover君が手掛けた作品。
人をモデルとした写真を撮り、ファンタジーなミニチュア世界にそれらを落とし込んでいるそうです。
すごく素晴らしいと感じるし、羨ましくも思う作品の一部を紹介します。
14歳フォトショップ2
↑ こちらの2枚の写真が一つになると・・・・
↓ こうなります。
14歳フォトショップ1
やだっ。ステキッ!
この世界観を14歳の子がなさっていると知ると
余計に感動してしまいます。
リンク先の元記事で拝見できますが、
他の作品もこちらで一部載せておきます。
14歳フォトショップ3
14歳フォトショップ4
僕が14歳の頃といえば、LEVISとかSTUSSYだとかに身を包んでいた頃です。
14歳でフォトショップが使えるなんてカッコイイです!

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。