「ベストジーニスト」賞が一般投票の受付を開始

「ベストジーニスト」賞が一般投票の受付を開始
WWD JAPAN.COM:
30回目の開催を迎える「ベストジーニスト」賞が一般投票の受付を開始
毎年メディアに取り上げられるベストジーニスト賞。
一般投票が始まったようです。
特別、紹介したからどうという事はないのですが、
専門学生時代に、学校を介してみんなで投票する機会が一度あった事を思い出し、
少し懐かしんで記事を書いています(笑)
世紀末覇者Wikipedia拳王様によると、
名目上ジーンズが似合う者に与えられることになっているが、
その年その年の「旬」な者が選ばれる傾向にあり、
ほとんどジーンズをはいていなくても入賞することが多い。
との事です。
その中で、SMAPの草彅くんは胸を張って受賞しても良いジーニストですね。
1984年開催の第1回目の受賞者は、
一般選出部門が 郷ひろみ と 浅野ゆう子。
協議会選出部門の内、バス釣りNo.1の糸井重里氏が受賞なさっています。
浅野温子はダメだったのか・・・。
「ベストジーニスト」公式ウェブサイト
ご興味がございましたら是非。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。