本格的な「エヴァンゲリオン展」 東京の松屋銀座にて

本格的な「エヴァンゲリオン展」 東京の松屋銀座にて
130625_eva-thumb-335xauto-39671.jpg
WWD JAPAN.COM:
本格「エヴァンゲリオン展」が初開催 未公開生原画300点を含む1300点を展示
以下、お得意のリンク先の元記事より抜粋です。
庵野秀明とカラーの監修による同展では、
碇シンジや綾波レイなどのキャラクターが描かれた300点のオリジナル原画(生原画)や
最新作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の原画を初公開。
松屋銀座での会期終了後は、全国を巡回する予定だそうです。
 
会期:8月7~26日
場所:松屋銀座8階
入場料:一般 1,000円
僕は数ヶ月の入院生活を経験した事があるのですが、
その際に先輩がお見舞いとしてTVアニメ版のDVD貸して下さり、
夜通し観まくった思い出があります。
しかし、にわかファンに間違いはないので、あまり多くを書く事ができません(笑)
エヴァの思い出ですと他にも、
専門学生時代に とあるファッションブランドの方が
「影響を受けたもの?は特にありませんが、強いて言うとエヴァンゲリオンかなぁ・・・。」
とおっしゃっていたので、
「ファッションとか関係ないし、強いて挙げたものがアニメなのか!」
自分の中で強く印象に残っています。
入院中に観て、何年経っても褪せないなぁ と素直に感じる事ができたエヴァンゲリオン。
今なおファンが多いのも納得です。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。