トロントでスニーカーを購入してみよう!

トロントでスニーカーを購入してみよう!

今日は画像等もない、ただの日記です。

こちらへ渡って約2ヶ月が経ちました。

Ralph LaurenのシャツBrooks Brothersのシャツなどの衝動買いがみられましたが、

そろそろ足下を強化しようと思います。

 

上記2アイテムは製品自体良かったですし、

値段もそんなに高くありませんでしたので、

非常に良いアイテムを掘り出せた衝動買いでしたが、今回は違います。

「そろそろ足下を強化しようと思います。」なんて書きましたが、

スニーカーを買わないといけない状況になっているのです。

何故かと申しますと、

僕がこちらへ持ってきたフットウェアは、

アナクロノームのブーツ

力王(RIKIO)の地下足袋

こちらの2足のみ。

季節は夏。

ブーツは見事に冬用ですし、

暑い季節を乗り切れるだろうと踏んでいた地下足袋は、

履き心地が悪すぎてこの1足だけじゃ乗り切れる自信ナシ・・・。

という事で、新しい1足が必要になった訳です。

色々なお店を回った上で、良いものを安く購入した前述の2点とは違い、

今回は、「手に入れないといけない(いけなくはないのですが・・・)」

半義務状態です。

急にとなるとなかなか難しく、

安いモデルで適当に済ますか、

日本に帰国しても履けるようなモデルを購入するのか・・・。

前者はあまり気乗りしませんし、後者ですとどうしても高くつきます。

では、折衷案でいくのか!?

と、

そうなってくると、ますます条件を満たすモデルが見つからなかったりします。

もっと、海外のスニーカー事情に詳しければ良いのですが、

そういった知識を持ち合わせておりませんし、どうしたものか・・・。

日本でスポットが当たり過ぎているニューバランスは避けようと考えています。

最終的にはコンバースのオールスターで、

普通の現行モデルをいっとこうかなとは思うのですが、

日本に置いてきたシューズの中に既に名を連ねておりますし・・・。

どうしたものか・・・。

購入次第、こちらですぐに報告したいと思います。

*ブログ内カテゴリ「ショップ紹介」において、

カナダ トロントのスニーカーショップを紹介しています。

トロントで

最高のパートナー。

最高の一足を

探されているのであれば、

そのお手伝いができれば幸いです。

もしくはこちらを参考にして頂ければ嬉しいです(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

LIVE STOCK

スパダイナアベニュー × クイーンストリートの交差点からすぐ近く。

capsule

Yorkvilleというファッション ショッピングエリアで、

ベイ ステーションの近く。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。