シャガール展:北海道立近代美術館

シャガール展:北海道立近代美術館
Internet Museum:シャガール展
以下、リンク先の元記事より抜粋・紹介致します。
20世紀を代表する画家の一人、マルク・シャガール(1887-1985)
宙を舞うカップルや動物、現実離れした鮮烈な色彩など、
その幻想的な作品は多くの美術ファンを魅了しています。
本展では、華やかなパリ・オペラ座の天井画をはじめ、
エルサレム・ハダサー医療センターやフランス各地の教会を飾るステンドグラスとその下絵など、
シャガールの代表的なモニュメント作品を日本で初めて本格的に紹介します。
こちらのシャガール展、全国を回るんですね!
東京なんかよりも遥かに近い所へも来るようですので、
これは観に行きたいです!
北海立近代美術館
2013年6月29日(土)〜8月25日(日)
宮城県美術館
2013年9月3日(火)〜10月27日(日)
広島県立美術館
2013年11月3日(日)〜12月25日(水)
静岡市美術館
2014年1月2日(木)〜3月30日(日)
愛知県美術館
2014年4月17日(木)〜6月8日(日)
一度、国内のシャガール展を観に行った事があるので皆さんへおすすめなのですが、
パリのオペラ座で観られる天井画もおすすめです。
僕の人生で、後にも先にもこの一度だけであろう、
ヨーロッパへの旅行で訪れた、パリの天井画の写真を載せておきます。
シャガール

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。