古着屋巡り報告

古着屋巡り報告

 

 

先日の記事(http://mtatkk.com/blog-entry-13169.html)にて

やや意気込んでおりましたウィンドウショッピング。

今回はそのご報告を簡単に・・・。

 

何時間もかけて古着屋密集エリアを散策し、目に入ったお店全てへ突入。

率直な感想としましては、高かったです。

 

ですが、それでもまぁ良さげかな・・・と感じたアイテムを文字に起こしてみたいと思います。

まず、Ralph Lauren のスラックスで、

ウールカシミヤ(混紡率は90:10くらい)のしなやかな生地にうっすらとストライプ柄の入ったもの。

3,500円くらいでした。

 

他には

made in ITALY のスラックスで、生地はウールのフラノ地。

サイズが普段の僕でいう2~3インチアップだったので、

ルーズに着てラフにゆるく着崩せるスラックス。

約3,500円。

 

Christian Dior(クリスチャン ディオール)で、

生地はウール素材。よく見るとうっすらと赤と青のストライプが入っているもので、

怪しさがありましたが おそらく本物であろうスラックス。

こちらも約3,500円。

 

オーバーコートに使われそうな非常に肉厚なヘリンボン織のウールパンツ。

7~8分丈で、カントリー調のデザイン。

ワードローブに1本加えておきたいと感じさせるもの。

一緒に行った友人も気になっているようでしたが、二人ともサイズが合わず・・・

約3,500円。

 

Abercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィッチ)で、

混紡率が90:10くらいのウール×ナイロン素材のメルトン生地(Pコートのような生地)でできた

セーラーパンツ。

約1,800円。

「これは安いしすごく良い!」と思ったのですが、なんと破れ箇所を発見。

非常に残念な結果に・・・。

 

アイルランド製で、ウールのビッグサイズセーターが

約2,500円くらい。

 

Lady’sでしたが、

・なめらかなカシミヤのニット

・アンゴラ×ラビットファーのニット

・イングランド製のモヘアニット

これらが約1,500円~約2,000円くらいで見つかりました。

 

 

持ち歩いていたメモ帳に残していたのはこれくらいです。

 

高いなぁとは思いましたが 実は1着欲しいアイテムが見つかり、

やや悩んだ末に購入しましたので、次にご紹介致します。

 

 

では、簡単な箇条書きになってしまいましたが、報告を終わります!

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。