FLOS社(フロス社) ARCO(アルコ)

FLOS社(フロス社) ARCO(アルコ)

自分の欲しいと思った製品を

ジャンルレスに紹介していこうと設定した ブログ内カテゴリ「欲しいモノ」

 

 

第一回目は インテリアです。

 

最初に書きますが、僕はインテリアの知識は皆無です。

 

今回のARCO(アルコ)は、

実際に触れる機会がたまたま あったから知っていただけなので、

今回も例に漏れず、メーカーや製品の情報はコピー&ペーストを駆使して紹介致します。

(情けないですが・・・orz)

 

ARCOは、イタリアの照明ブランド「FLOS社(フロス社)」が発表したインテリア照明です。

 
ARCO.jpg

 

では、お得意のコピー&ペーストに参ります。

 

 

 

フロスは1960年にイタリアで創立された照明ブランド。

そのフロスから発表されたARCO(アルコ)は、

アキッレ&ピエル・ジャコモのカスティリオーニ兄弟により生みだされ、

1962年の登場以来、

世界中で愛用されているフロス社を代表する近代照明デザインの名作です。

 

重厚な大理石ベースから伸びる美しいステンレスのポールが華麗なアーチを描くフォルムから、

アルコ(=アーチ)と名付けられました。

 

ベースからランプシェードまでの距離は約2mなので、部屋を広く照らします。

 

 

との事です。

 

ここで注目して頂きたいのは「何気にサイズが大きめだという事(あとの画像参照)」と、

「1962年に発表されたという事」です。

 

特に後者。

 

1962年というと 半世紀。50年も前なのに、

こんなにも洗練されたデザインが既に生み出されていたと考えると恐ろしいです。

使用イメージはこのような感じ。

 

他サイトから引っ張ってきたものです。

 

アルコ使用イメージ

うん・・・・。

素敵すぎます・・・・。

 

僕はインテリアだとかはさっぱりなのですが、

そんな僕でも欲しくなる照明です。

 

インテリア業界ではかなり有名ですが、

お恥ずかしい話、僕は全然 存じ上げませんでした・・・orz

 

今回のARCOを教えて下さった知り合いの方曰く、

僕なんかが知らないだけで、

何十年も前の時点から 完成されたデザインのインテリア製品というのは非常に多く存在しているのだそうです。

 

うん。

 

久し振りに、インテリアショップに行ってみようと思います。

(購入はできませんが・・・!笑)

 

もしご興味の湧いた方がいらっしゃったら、

是非、実物をご覧になってみて下さい。

 

写真の何倍もかっこいいです。

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。