アナクロノーム ANR-91 ネップデニム ワイド ワークトラウザーズ

アナクロノーム ANR-91 ネップデニム ワイド ワークトラウザーズ
Anachronorm Nep Denim Wide Work Trousers ANR-91
H/D(ハードウォッシュ加工)
デニムトラウザー1
Anachronorm(アナクロノーム)

岡山発のアパレルブランドで、

東京 目黒と岡山市に旗艦店を構え、

岡山を拠点とし、地の利を活かして活動。

Anachronormを編成するメンバーは、

企画デザイン・生産管理・パターンナー・企画営業広報 の4名で、

それぞれが別の企業で長年の経験と実績を積み、

現在はひとつのブランドを通して

モノ造りに対する意識の高さや、

豊富な知識量・高い加工技術が詰まった製品を

ユーザーに届けています。

 

ファッション(アパレル)で岡山と言えばデニムジーンズ。

 

ユーズド加工の技術はすごいようで、

最近(ここ2〜3年?)、

テレビで取り上げられているのが目に入ります。

 

僕らの世代だと、

バランス ウェア デザインの

爆発的人気が記憶として残ってるのではないでしょうか。

ストリートで注目を浴びる中、BAL(バル)に改名。

 

それと同時に、

バランス ウェア デザインから、

こだわった加工が魅力的なカジュアルブランド

Anachronorm(アナクロノーム)が派生して(?)登場。

個人的にはそういった印象でした。

通っていたショップ(ショップR)ではバランス ウェア デザインを置いていて、

BALとAnachronormに分かれた際、

両ブランドを継続して取り扱ってました。

 

当時、Anachronormのアイテムの接客では、

加工技術の高さを語ってもらった覚えがあります。

 

そんなAnachronormの

デニムワークトラウザーパンツです。

 

古着の知識がないので

うんちくを語れない自分が非常に残念なのですが、

僕なりのアイテム紹介を。

トップ釦は、

加工したアイテムの雰囲気を崩さないよう

錆加工された釦です。

 

こちらのブランドでは当たり前になっていて、

加工をするアイテムの付属(ボタン類など)が

ブランドオリジナルの金属製釦の場合、

錆加工されたものを使用します。

(錆加工した後にコーティングを施す事で、

錆が衣服に移らないようにできています。)

 

加えて、ファスナーはWALDESジッパーです。

ファスナーの布部分が生成り色なので、

すごく雰囲気が出てます。

 

 

デニムトラウザー2
この画像1枚を見ると、

人によっては古い古着と間違えそうですね、

(僕を含め・・・笑)

 

 

 

 

 

デニムトラウザー3

赤い点線のマル部分。

股にはマチというパーツ(ディテール)が設けられています。

ここにマチが入ると、

しゃがんだりした時に力がかかった際、

力が分散されて、

縫い目部分の損傷・ダメージを軽減させます。

生地幅が狭い時代に、

使用する生地の量を少しでも短く抑える為

という説もあるようです。

※ 突き詰めたら違ってるかもしれないので、

話半分程度で読んで下さい。

 
ここからは、

古着の仕様を再現したのかどうかだとかはわからないのですが、

個人的に好きなポイントを。

 

一般的な他のパンツと比べて、

前立てステッチが、

前股上部の端から少し遠めに走っています。

(わかり辛そうなので、対比画像に赤の点線を入れてます。)

 

デニムトラウザー4対比
それに伴い、持ち出しというパーツの幅も広いです。

 

デニムトラウザー5
デニムトラウザー6対比

ワイドシルエット

かつ股上の深い寸法設定のパンツなので、

一般的な位置に前立てステッチを走らせてしまうと

バランスが崩れてしまうのかなぁと一人で想像してます。

 

他にも、ステッチの色が生地と同色なのも好感触です。

こういったモデルだと、

白い糸を使用しても良さそうなのですが、

それだとカジュアル色が一層強くなるので、

生地と同色の糸で仕上げてある分、

パンツのシルエット・加工をシンプルに楽しめます。

 

Anachronorm Nep Denim Wide Work Trousers ANR-91
H/D(ハードウォッシュ加工)

 

とても格好いい1本です。

 

 

デニムトラウザー1

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。