服に対する価値観 と 服の選び方

服に対する価値観 と 服の選び方

裏原ブームの後にきたドメスストリートブランドに魅了されて、

ファッションの虜になってきた訳ですが、

30歳を目前にし、購入するプライスゾーンも大きく変わりました。

 

振り返ると、仲の良い友人のKAG君・大阪のショップJ の影響が大きいです。

 

では、実際に今まで購入していたアイテムの価格帯が

どのような変遷をみせたのかを綴ろうと思います。

 

S/S Tシャツ&S/S カットソー:5,000円〜8,000円

L/S Tシャツ&L/S カットソー:7,000円〜10,000円

S/S シャツ:14,000円〜18,000円

L/S シャツ:16,000円〜22,000円

ボトムス:16,000円〜28,000円

ニット類:18,000円〜30,000円

ライトアウター:20,000円〜40,000円

ヘヴィアウター:30,000円〜60,000円

 

↑ ドメスストリート系で育ってきたならば、ゾーンとしては これくらいではないでしょうか。

言葉が汚いですが、今の価値観で考えるとクソ高いです・・・。

(S/S はショートスリーブで半袖。L/S はロングスリーブで長袖の意味です。)

 

そんな僕でしたが、前述の通り 友人KAG君・大阪のショップJ のマスターとの出会いを経て、

『高くて良いものは当たり前な時代だからこそ、良いものを安く手に入れる事で、服に気を遣う事なくファッションを楽しむ。』

という考え方になったので、価値観がグッと変わりました。

現在の価値観も、同様に箇条書きします。

 

S/S Tシャツ&S/S カットソー:
5,000円〜8,000円 → 〜6,000円

L/S Tシャツ&L/S カットソー:
7,000円〜10,000円 → 〜6,000円

S/S シャツ:
14,000円〜18,000円 → 〜10,000円

L/S シャツ:
16,000円〜22,000円 → 〜14,000円
(9,000円・10,000円・14,000円)

ボトムス:
16,000円〜28,000円 → 〜16,000円
(5,000円・7,000円・9,000円・15,000円)

ニット類:
18,000円〜30,000円 → 〜16,000円
(7,000円・9,000円・15,000円)

ライトアウター:
20,000円〜40,000円 → 〜15,000円
(13,000円・14,000円)

ヘヴィアウター:
30,000円〜60,000円 → 〜20,000円
(7,000円・18,000円)

 

 

全て、アウトレットで新品の製品を探すならという体での価格設定で、

カッコ内は数年間で実際にアウトレットで購入した時のプライスです。

ちなみに、購入してきたアイテムの割引率は全てが基本的に60%〜80%OFFで、

1点だけですが、中には90%OFFのものもあります。
(Tシャツ&カットソー・S/S シャツは ここ数年購入していないのでアバウトな金額なのですが、少し高めに設けてます。)

 

選ぶ際に考慮するポイントは

・素材
・縫製
・生産国
・価格
・割引率

 

主にこの5項目で、

もちろん、欲しいかどうかという購買意欲は大事なので、

ものが良ければ、割引率が50%OFFでも購入する時はあります。

 

ドメスティックブランドを購入してた頃よりも 各アイテムの価格帯が低くなり、

定価を見ると ドメスブランドのものより定価の高い製品を購入しています。

 

長々と、金額がどうのとお金の話を書きましたが、

一番大事なのは、5〜6時間かけてアウトレットモール内を歩き、

トレジャーハンティングさながらに、掘り出し物を探す。

 

これがもう最高にたまらないんです!

 

基準となる5項目の全てを満たすアイテムと出会えた時は、

正直 興奮で手が震えたりもします(笑)

 

数時間 歩き通しという 労をかけ、

安くて良いものを見つけるというお得感からくる購入満足は最高です。

 

欲しい物を決めてから、アウトレット内全店で探すのも良いですが、

機会がございましたら、今回綴ったようなアイテムの探し方も提案したいです。

 

本当におすすめですので、是非・・・!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。