ヘンプ×コットン トップコート

ヘンプ×コットン トップコート
購入から少し時間が空いてしまおうが、

最近(?)購入したアイテムを紹介するカテゴリ「買ったもの」

今回は、大好きなアウトレットで購入した春物コートを紹介致します。

 

HOLEX綿麻コート1
トップコート(スプリングコート)

麻(ヘンプ)と綿(コットン)の混紡素材を表地にしていて、綿100%の裏地が付きます。

付属の釦は、椰子の実からできたナット釦。

Made In USA です。

「おぉっ、これは良いかも!」というのが第一印象でした。

 

問題はプライス。

価格は、定価65,100円が14,000円でした。

この価格に対しての感想は、以下の通り。

(かっこ)内は、購入する判断要因への影響です。

(±0)最近、わりと見掛ける素材の生地。

(+)裏地付き。

(+)コートだ。

(+)天然素材の付属。

(+)海外製。

(+)手間のかかる紳士服仕様のテーラードカラー。

(+)袖口本切羽。

だけど、そこはアウトレットに流れてきた製品。

(−)とにかく安く欲しい。

以上を踏まえ、定価が高くても個人的には

〜9,000円が即買い価格。出せて11,000円〜12,000円。

といった所です。

最初の値札表示を見ると12,500円だったので、試着を済ませてレジへ持って行くと、

割引価格シールの貼り間違えだったらしく、本当は14,000円との事。

予算オーバーなのでレジ前で少し悩みましたが、

すぐ後ろに別のお客さんが並んだので人目を気にして購入。

最終的な購入理由は何とも言えませんが、とても満足しています。

ヘンプコットン生地特有の、やや粗野な雰囲気がユーズドライクな印象。

しかし、下襟(ラペル)と上襟(カラー)があるように、

テーラードカラーとなっている為、カジュアルな中にもやや紳士服らしさを漂わせています。

加えて、

きれい目なコートというよりも、

ワークウェアのショップコートっぽさが強く、

袖山を少しだけ低く設定されているようで、

腕の動き易さも考えられているようです。

僕の中でショップコートというのは、

襟の形がシャツのレギュラーカラーというイメージなのですが、

それよりかは、やや大人っぽく着れそです。

袖口は腕捲くりができるように本切羽です。

生地の綾目も良い感じ。

 

 

HOLEX綿麻コート2
こんな感じで近々着てみたいなというレイヤードを、ハンガーに掛けて組んでみました。

テーマは「レイヤードで、ゆる〜いユーズドライクな格好」です。

 

 

HOLEX綿麻コート3
HOLEX綿麻コート4

レイヤードの外側から
ショップコート

古着で買ったラルフのシルク製スタンドカラーシャツ
(大きめなサイズ)

ショップ J オリジナル白シャツ

セールで買ったカットソー

パンツは、超太いインディゴデニムです。

足下は赤のプレストか

2013020713342819bs
赤のブレザーですかね。
BLAZER 赤5
インナーのカットソーの赤を拾って、それに足下の色を合わせます。
春物なのでトップコートと紹介しましたが、店頭では接客時にショップコートとお店の方がおっしゃていました。

本当は何コートって言えば正しいのか・・・。

まぁ何にせよ、暖かい日がちらほら出てきたので、本格デビューはもうすぐです・・・!

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。