CONVERSE VINTAGE ALL STAR CAMO made in JAPAN

CONVERSE VINTAGE ALL STAR CAMO made in JAPAN

ALL STAR VINTAGE1
ALL STAR VINTAGE2
このモデルは本当はアップしたくなかったのですが、

全足しっかりと紹介したいので、載せたいと思います。

 

先に書きますと、僕はただの服好き・スニーカー好きですので、

特に知識がある訳ではありません。

 

ヴィンテージの知識なんて皆無です・・・。

 

ですので、こういったUSEDスニーカーを紹介する力が無い為、

一人で勝手に、紹介するのをためらっておりました・・・(笑)

 

頑張ってアップ致しますが、

もしも間違った情報での紹介をしてしまったら、

本当に申し訳ありません。

 

おそらく70年代に生産されたモデルで、日本製のチャックテイラーALL STARです。

ヒールパッチは黒の一ツ星?三ツ星?

僕にはわかりませんが、黒いヒールパッチです。

 

 

 

ALL STAR VINTAGE3
補強の当て布が付いているので、ステッチが走ってるのと、

現行モデルと比べ、アウトソールに厚みがあります

 

 

 

ALL STAR VINTAGE7
インソールのブランドロゴプリントは青枠内に黒文字のプリント

 

 

 

ALL STAR VINTAGE6
ベロ裏には「コンバース チャックテイラー アスレチックシューズ」の文字と、

名前を記入する欄を設けたプリントがされています

 

 

 

 

ALL STAR VINTAGE5
日本製を表すmade in JAPANのプリント

 

 

 

ALL STAR VINTAGE4
実はこのモデル、専門学生時代に先輩から頂いたもので、

在学中に学年がかぶる事はなく、相手の方は既に社会人だったのですが、

僕ら後輩の間では伝説となっていて、代がかぶっていなくても、

武勇伝的なエピソードが語り継がれているくらいすごい方で、憧れの人でした。

 

本当に優秀な方で、社会人になってもその力を十二分に発揮なさっていました。

 

ひょんなキッカケでその先輩との接点ができ、

先輩がいらっしゃる会社に、

「お金はいらないから手伝いに来させてほしい。そのかわりに、定時終わりにミシン等の設備を使わさせてください。」

と直談判し、ご無理を聞いて頂きました。

 

そこでお手伝いをしながら、学生レベルなりに好きなものを自主製作をしていたのですが、

ある日、「手伝ってもらっているのに、何も無いのも悪いから・・・」と、

頂いたのがこのALL STARでした。

 

古着好きでもある先輩曰く、当時のALL STARで日本製のものは、

柄物は柄物でもやや奇抜で、こういった柄のものが出回っていたのだとの事です。

 

わかりませんが、当時でいうとヒッピーカルチャーで知られるフラワームーブメントも

背景にあったのでしょうか・・・?

嬉しくて学校へ1・2度履いていきましたが、それ以降は履いてません。

宝物です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。