UBIQ XIMUM HI ×SSUR SKULL BLACK

UBIQ XIMUM HI ×SSUR SKULL BLACK

 

XIMUM SSUR1
XIMUM SSUR2
先程のXIMUM(http://mtatkk.com/blog-entry-13085.html)の色違いで、

今度はSSURとのコラボモデルです。

 

SSUR

ロシア出身のアーティストで、

ニューヨークで活動しているラッセルが手掛けるブランド。

 

ラッセルのニックネーム「RUSS」をひっくり返したのがブランド名の由来。

 

UNIONやFUTURA、X-LARGEなどとも繋がりがあり、

何度かコラボをしているようです。

 

XIMUM×FUTURAのリリースからしばらくした後、

こちらのSSURコラボ版が出るとショップYの西さんから教えてもらい、

FUTURAと同様にSSURファンだった僕は、即購入する事を決意。

 

色違いに、ピンクベースのボディで、

アンディ・ウォーホルのパロディデザインのタイプがありましたが、

そこは僕です。攻める事無く無難な黒ボディのこちらを選びました(笑)

 

スカルデザインは気に入ってなかったのですが、

やはり黒の方が使い易いからという理由です・・・。

 

 

 

 

XIMUM SSUR3
SSURのパーカを持っていたので、

久しぶりに引っ張り出そうとタンスを漁ったのに、見つかりませんでした。

 

どこにどうしたのか。人にあげたのか、捨ててしまったのか。

 

全然覚えていないのが痛いです・・・orz

 

 

 

↑ この記事を最後まで読んで下さったあなたには これらの記事↓ も楽しんで頂けると思います。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。