TAS BARRY HI × DIFFEDUCATION BLACK

TAS BARRY HI × DIFFEDUCATION BLACK

BARRY DIFFEDUCATION1
BARRY DIFFEDUCATION2
BARRY DIFFEDUCATION3
TAS版オールスター「BARRY」のハイカット。

加えて、DIFFEDUCATION(ディフェデュケーション)とのコラボモデルです、

左右の柄がアシンメトリー(非対称)になっています。

 

 

 

BARRY DIFFEDUCATION5
BARRY DIFFEDUCATION4
他サイトからの引用ですが、DIFFEDUCATIONの解説を・・・

 

日本のファッションブランド。1998年にT6Mの北舘洋一郎氏がブランドを設立する。

 

ブランド名の「ディフェデュケーション」は、

“DIFFERENT(異なる)”と“EDUCATION(教育)”の2つの言葉を組み合わせて作られた。

 

ブランドコンセプトは「UNIVERSAL FUNCTION DESIGN(普遍的な機能を持ったデザイン)」。

 

バスケットボールを知り尽くした北舘洋一郎氏が作るスニーカーやバスケットボールシューズは、

機能性の高さ、デザイン性の高さから人気となる。

 

このモデルを購入する際に、

ショップスタッフさんから色々訊いたはずなんですが、忘れました・・・。
ですが、当時は雑誌等でもDIFFEDUCATIONの名前はよく紹介されていました。

(ここ数年は定期的に雑誌を読んでいないのでわかりません・・・。)

 

ちなみに、スニーカーや音楽(だと思うのですが)の情報を紹介する海外のサイトComplexで、

北舘洋一郎氏は「スニーカー史上最も影響力のある50人」のひとりに選ばれています。

 

ちなみに、50人に選ばれた他の人物をいくつか挙げると、

マイケル・ジョーダン

ナイキの創業者

アディダスとプーマそれぞれを立ち上げたダスラー兄弟

チャック・テイラー

RUN-DMC

SUPREMEの創設者

FUTURA&STASH

エイプのNIGO

HFこと藤原ヒロシ

などの方々がいらっしゃいます。

(皆さんジャンルもそれぞれでビッグネームです。)

 

調べると、色々なさっている北舘氏。

現在は「PIVOT by diffeducation」というブランドでの活動もなさっているようです。

 

このBARRY HI はかなり履いてたんですが、

それなりに気を遣って履いていたようで、きれいな状態だったのに驚きました。

 

 

 

↑ この記事を最後まで読んで下さったあなたには これらの記事↓ も楽しんで頂けると思います。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。