ダサくないファッション

ダサくないファッション
ネットをはじめ、様々なファッション媒体で

「モテ服」

「脱オタファッション」

「女の子ウケファッション」

「合コンウケファッション」

 

こういった見出しを見かける事があります。

今回は、そういった「周囲の視線を意識したファッション」について書いてみようと思います。

(長いです・・・!)

 

 

ファッションが好きで、服や靴などに少なからず投資してきた人。

そういった人間は、ファッションにお金を費やす事で、

挑戦し、失敗しを繰り返してセンスを養い、個性を養い、自分に合うスタイルを見出していきます。
(ファッション関係に対して、広くアンテナを張るようになるのも大きな要素です。)

 

では、そうではなく、ファッションにあまり関心がなく、

「今まで無頓着だった為、服の合わせ方 つまりコーディネートの組み立て方がわからない。」

といった

「周囲の視線を意識したファッション」ができない人達はどうするべきか。

そういった人達は年齢を重ねるごとに、

「無難ににでも、相応なファッションをしないといけない。」

と気付き、焦るのだと思います。

結論を先に述べると、

『ある程度パターンを固定化したプレッピースタイル(プレッピー崩しのスタイル)のトップスに、格好いいユーズド加工デニムジーンズを合わせる。』

です。

冒頭で挙げた

「モテ服」

「脱オタファッション」

「女の子ウケファッション」

「合コンウケファッション」

これらのスタイルには、「ダサくない事」が大前提であると思います。

僕はその「ダサくない事」という絶対条件に、個性というワンポイントとして、

凝ったリアルユーズド加工のデニムを合わせる事で、多少なりお洒要素を取り入れたいと考えました。

 

まずは、無難でダサくないファッションの一般的であろう例を画像で挙げていきます。
(引用先は、ユニクロのサイトからです。)

 

 

20130207233311014s
20130207233313c8as
20130207233313ceas
20130207233314516s
20130207233316089s
201302072333354d7s
20130207233336553s
20130207233338620s

 
どうでしょうか。

なかなかユニクロらしい、置きにいったスタイルが揃っていると思います。

でも、かっこいいですね。

ユニクロでこれだけかっこ良く決まるなら、ユニクロだけで十分なのかもしれませんが、

これはスタッフ皆さんの地のセンスの高さも加わっているからだとも考えられます。

「きれい目・プレッピー・アーバンアウトドア」

言葉で記すならば、こういったワードが挙げられるのではないかと。

※他サイトより引用ですが、”プレッピー”の補足説明です。

 

プレッピー(preppy)とは、名門私立学校に通学している良家、お金持ちの子息に対する俗称。

アメリカで一流大学の進学コース、名門私立高校をプレパラトリースクール(preparatory schools)と呼び、

これを略してプレップと呼びところから来ている。「お坊ちゃん」的な意味合いがある。

プレッピースタイルとしては、アイビールックをより新しく、若々しいテイストを加えたもので、伝統的で上質の服を着くずすコーディネートが特徴。

 

アイテムは、ショート丈のボタンダウンのシャツ、ショートパンツ、ジーンズ、ローファー、エンブレムブレザー、カーディガンなど。

 

実際に、20代後半〜30代の男性は紹介した画像のように、ああいったスタイリングが多いように感じます。

 

では、まず一つ目の要素である

「ある程度パターンを固定化したプレッピースタイル(プレッピー崩しのスタイル)のトップス」

これを、上記の画像を踏まえて説明します。

スナップ画像でほぼ共通しているのは、シャツですね。

トップスのチョイスはシャツで問題ないと思います。

選ぶならば、レギュラーカラーで無地が使い回しも利くしベターだと思います。

ボタンダウンも定番化していているので選択肢に入れてもいいかもしれません。

 

夏はシャツ1枚。

春・秋はTシャツの上にシャツを羽織り、前は開ける。 & シャツの上に編み目の細かいハイゲージニット(プルオーバーorカーディガンどちらでもOK)を羽織る。

春・秋でも、少し肌寒ければ、↑のスタイルは応用がかなり利くので、その上にダウンベストやシンプルなライトアウターなどを組み合わせれば大丈夫です。

冬は春・秋スタイルの一番上に防寒性バッチリなヘヴィアウター(ダウンジャケットでもPコート、モッズコートやマウンテンパーカ、N-3Bなど何でも)を着用すれば大丈夫です。

トップスにシャツを選ぶのは「使い易さ」が一番の理由ですが、

Teeシャツやカットソーはカジュアルアイテムの末端に位置する為ラフに寄り過ぎてしまい、

少し大人っぽさが欠けてしまうからという消去法的な理由もあります。

そして次に、2つ目の要素

「格好いいユーズド加工デニムジーンズを合わせる。」

これです。

今回の一番のポイントです。

選ぶ基準は、細すぎない事。

サイズ感は、三枚目の写真で合わせているグレーのパンツくらいか、もう少し太いくらいで。

(参考画像をもう一度貼っておきます。)

 
20130207233313ceas-1
それにより、サイジングによる”ゆるさ”をやや演出します。

で、実際にどんな加工デニムがかっこいいのか。

ブランドを挙げるならば、

Anachronorm

20130208024021d4as 201302080240227d6s 20130208024022878s 20130208024023a7cs

 

 

HYSTERIC GLAMOUR

20130208024041778s 20130208024042033s

 

 

HOSU

2013020802404040bs 20130208024041c03s

 
RRL

20130208024054e50s
20130208024055aa4s

 

COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN × LEVI’S

20130208024109889s

 

 

こういったブランドで、

アップした画像のようなリアルな加工&プラスα要素(パッチワークや、ダメージリメイク等)の入ったモデルがいいです。

 

少なくとも僕の知る限り、

JUNYA WATANABE

RRL

ANACHRONORM

 

の3ブランドならば、作り手の知識量・こだわりの強さ・加工技術の高さがあるので、

販売員側に間違いのない知識量・スキルがあれば、接客時に作り手のこだわりとウンチクを全て聞き出して下さい。

紹介したボトムスは全て¥50,000-前後なので、高いです。
(セールで購入できればラッキーですが・・・。)

 

価格が高い分、間違いのないチョイスが必須ですが、

紹介したアイテム全て、かなりリアルな加工をしているし、細部まで相当こだわっているブランドもあります。

そこに納得して購入する事で、アイテムに対して愛着が生まれますし、

アイテム一つでそのアイテムのポイントやこだわりを語れます。

そして何より、「良い物を着用している自己満足感・自信」を手に入れる事ができ、

内面からも変わる事ができるのではないかと考えます。

トップスをシンプルに固めている分合わせ易いですし、

デニムなので、多少トップスの組み合わせが変わっても問題ありません。

トップスをユニクロや無印、GAPなどで購入。

最近だとアウトレットがあるので、アウトレットのビームス・アローズ・シップス・トゥモローランド等も選びしろに入れられます。

ボトムスで1本、かなり凝った良い物を購入して、知識・こだわり・「良い物を着用している自己満足感・自信」を手に入れる。

※加えるならば、手頃な価格でジャスト目なサイズの濃色デニムを、1本セカンドボトムとして用意したいです。

 

最後に足下。

足下へはスニーカーを合わせます。

NIKEの復刻版BLAZER VINTAGE

 

blazer白黒1
blazer赤

CONVERSEのALL STAR LEATHER ox
(Hiカットでもいいと思います。)
allstar leather黒
こういったローテクバッシュ系で、形の細めなモデルを履けば、

ボトムがデニムなので、相性バッチリです。

(ADIDASだったら、SUPER STARやPROMODELあたり。)

白×黒や黒×白などでは味気がなさ過ぎるので、ブレザーの画像2枚目のように白×赤の配色を選べば、

強すぎない主張で差し色として着用できます。

欲を言うなら、少々値は張りますが復刻版を選び、

知ってる人が見た時に「おっ、この人いいの履いてるな」と思われるモデルが理想です。

プレッピースタイル(プレッピー崩しのスタイル)のトップス

格好いいユーズド加工デニムジーンズ

ローテクバッシュ系スニーカー

これで、現在の僕が考える「少し個性をプラスしたダサくないファッション」は完成です。

何年か後に、その時の流行・価値観をうまく絡めながら、今とは違う考え方のもと、また同じ内容で更新できたら面白いかもしれません。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。