ADIDAS SS 80s

ADIDAS SS 80s 913165

 

SS 80s1
SS 80s4

 

紹介するSUPER STARで最後の1足です。

このSUPER STARは5年程前(2009年くらい?)に登場した復刻モデルで、

80年代当時のSUPER STARを再現したもの。

(完全な再現ではないようですが・・・)

 

これは、2015年にリリースされた
SSヴィンテージデラックス
Superstar 80s Vintage Deluxe
(スーパースター 80s ヴィンテージ デラックス)

ではなく、

2009年頃に発売されたモデルです。

 

なので、モデル名も少し違いますよね? 2015年発売のものと。

さらにもうひとつ加えると、

SS80s(スーパースター80s)には

僕が知っているだけで2品番存在します。

僕が所有している、

この「 913165 」品番のものと、

もうひとつ。「 G61070 」のもの。

 

アディダスの公式オンラインストアで、

写真は見れるのでよろしければアクセスしてみて下さい。
→ http://shop.adidas.jp/products/G61070/

 

2015年登場の

Superstar 80s Vintage Deluxe が
(スーパースター 80s ヴィンテージ デラックス)

 

リリースされる たしか半年くらい前までは、

品番「 G61070 」のSS80sが、

普通にアディダス ショップで店頭に出てたりしました。

 

面白いですよね。

それまで普通に

品番「 G61070 」のSS80sが販売されてたのに、

不自然に、急に店頭から姿を消し、

スニーカーブームに大きく乗るかのように

スーパースター 80s ヴィンテージ デラックスが登場した訳です。

(白/黒・白/赤・白/緑・白/紺 の4色出たやつです。)

 

知ってる人からしたら、

「あれ?最近まであった” G61070 “品番のSS80sを全く見かけなくなった・・・(・・; )」

という状態。

 

 

そうやって考えると、

2014年頃からの、今回のスニーカーブームは、

メーカー側が頭を使って意図して操作。

 

仕組んでる感もみられますね。

(2015/8/13追記)

 

モデル解説に戻ります。

僕が所有しているこの、品番「 913165 」のスーパースターは、

当時ネットなんかでみてみると、

「バスケットコートとストリートでは最も早く、

クラシックなアイコンと化したスニーカー。

ここではお馴染みのスタイルを一度解体し、

1969年の発表当時のオリジナルモデルに近づけている。

この新作「SS 80s」は

アッパーをヴィンテージの香り漂うレザーで作り替え、

フェルト素材の3ストライプをあしらっている。

また、タンも新たにレザー仕様に。」

 

との表記をよく目にします。

※ちなみに、ゾ○タウンから引用しました。

1969年の発表当時の

オリジナルモデルに近づけた復刻モデルなら、

何故「80s」と冠しているのか。

 

 

SUPER STAR登場は1969年ですが、

このモデルはSUPER STARの人気絶頂期である

80年代当時の復刻モデルだそうです。

 

「1969年の発表当時のオリジナルモデルに近づけている。」

↑ この表記だと、少し語弊があるのではないでしょうか。

別に気にしなければどうという事ではないのですが、

 

SUPER STAR 80sを検索してすぐにヒットしたのがゾ○タウンだったので・・・

(2015/8/13追記:この記事のあと、” 1969年の発表当時の・・・” という謳い方は修正されたようです。)

 

しかも、ネット社会となった今現在、

コピー&ペーストでの情報が飛び交っています。

(僕も使用してますが・・・)

 

その為、ひとつ間違った情報が出ると、

瞬く間に広まってしまうのも事実。

 

実際に、

ゾ○とほぼ同じ製品説明文を記載している

スニーカーショップサイトがいくつか見受けられました。

(2015/8/13追記:この記事のあと、” 1969年の発表当時の・・・” という謳い方は修正されたようです。)

 

一方で、

先のブログ(http://mtatkk.com/blog-entry-13044.html)で紹介致しました

僕の大好きなスニーカーショップ「 BINGO WORKS 」さんでは、このように商品がアップされてました。

 

BINGO WORKSさん SUPER STAR 80s 商品ページ

 

アディダスが誇る永遠の名作「スーパースター」

その80年代に生産されていたフォルムを忠実に再現したモデルが登場。

独特の雰囲気漂わせるシャープでスマートな平べったいフォルム。

シンプルで、つるっとしたホワイトレザー素材に

ブラックスリーストライプは誰もが想像するスーパースターの定番カラー。

金ベロ、スエード素材を使用したインソール、

インナーにプリントされた製造コードとサイズ表記、

ソールデザイン等、細部まで見応えあるモデル。

現状でフランス製モデルに最も近いデザインは、

ディテールと質感に敏感なオリジナル派の皆様にも

満足していただける仕上がりです。

 

 

 

 

わかりやすい・・・。

かなり脱線してしまいすみません。

ビンゴさんの説明文であるように、

「インナーにプリントされた製造コードとサイズ表記」

 

 

SS 80s2
あまり知識のない僕でも、

これ↑は当時の再現の一部なのだろうと見当がつく一部分。

通常と同じ表記ももちろんついています。

 

 

 

SS 80s3
ここからちょっと、モデル解説からそれます・・・。

覚えてる方いらっしゃいますか?

2008年頃、

ADIDASの三大定番モデル

「スーパースター」「スタンスミス」「カントリー」は節目の年でしたよね?

それまで発売されていた「スーパースター」「スタンスミス」「カントリー」

各モデルは、

2008年頃に大きな仕様変更を迎えました。

 

その、変更後の仕様というのは

2015年現在、

ABCマートで販売されている各モデルの現行モデルの仕様に近いです。

 

それって、スニーカー好きな人間からしたら、ちょっと違うんですよね。

(わかり易いところで、シュータンの構造とか・・・)

 

 

made4日本
→ http://3stripes.adidas.co.jp/pressrelease/pdf/260.pdf#search=’アディダス+made+for+japan’

↑よろしければこちらをご覧下さい。

ADIDASの公式サイトの過去の記事。

2008年頃のもので、made for Japan仕様のモデル説明をしています。

「スーパースター」「スタンスミス」「カントリー」

各モデル、それぞれの仕様が Made For Japan とうたった企画により

大きくディテール変更されてから、

1・2年後くらいに 今回のこのモデル ” SS80s ” は登場。

仕様変更前(Made For Japan企画)よりも

さらに以前の古い年代。

80年代当時の仕様での復刻なので、

これを逃すと後悔すると思い購入しました。

もう一度書きますが、

これは、2015年にリリースされた

 

SSヴィンテージデラックス
Superstar 80s Vintage Deluxe
(スーパースター 80s ヴィンテージ デラックス)

 

ではなく、

2009年頃に発売されたモデルです。

 

なので、モデル名も少し違いますよね? 2015年発売のものと。

 

 

 

【 まとめ 】

2008年頃、「made for Japan」企画により仕様変更。

スニーカー好きのユーザーは、少しがっかりする事に。

 

2009年頃、今回紹介している

品番「 913165 」の SS80s(スーパースター80s)が登場。

その何年か後、品番「 G61070  」のSS80sに移行。

アディダスオリジナルスの直営店はじめ、大手セレクトショップでも見かけるように。

 

その後、たしか2014年頃に、

品番「 G61070  」のSS80sを、店頭から商品回収。(多分)

しっかりと、次に登場するモデルを販売し易い土壌を作って、

 

2015年1月、4色展開でスーパースター 80s ヴィンテージ デラックスが登場。
( 白/黒・白/赤・白/緑・白/紺 )
SSヴィンテージデラックス

詳しくは、スニーカーウォーズさんの記事を。
→ http://sneakerwars.jp/items/view/3518

 

 

 

何が伝えたいかというと、

スーパースター80sって、

意外と途切れなく店頭で見かけれたということ。

ひとつのモデルを販売するのに、

そういった企業努力がおそらく働いていた事。

(永遠の定番モデルを販売し続けるというのは、難しい事なんだなと感じました。)

 

本当、

メディアの力って大きいなと感じました。

そのおかげで、

街で色んな人がスーパースターを履いてるのを見ると

ちょっと嬉しいです。

結果、僕がスーパースターを履いてると、

「あ、スーパースターですね!良いですね(^^)」

なんて、出掛けた先のお店で声を掛けてもらえたり。

 

長い余談でした。

(2015/8/13追記)

 

 

 

モデル説明に戻ります。

こちらも極細の丸ヒモに変更して、キツく縛って着用。

僕の中で、スーパースターの履き方はこれが正解です。

別のスーパースターを、また別の記事で紹介してます。

よろしければそちらもご覧下さい(^^)

 

 

 

SS黒白
ADIDAS SUPER STAR 662297 黒白
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13040.html

アディダスのスーパースター。

昔も今も、ずっと格好いいです!

 

 

 

 

SS 80s1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    生川敏弘(なるかわとしひろ)

    1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。