ADIDAS SUPER STAR

ADIDAS SUPER STAR 662297 黒白

 

 
SUPER STAR1
ドイツのスポーツブランドADIDAS。

 

そのADIDAS三大定番モデル

「スーパースター」「スタンスミス」「カントリー」の中のひとつで、

 

このSUPER STARはバスケットシューズとして登場しました。

デザインの特徴はシェルトゥ(貝殻が由来)と呼ばれるつま先部分で、

選手達のつま先を守る為に生まれたディテールだそうです。

 

それに、ADIDASではお馴染みであるサイドの3本ラインは、

シューズを補強する為に施されたのが始まりで、

今ではADIDASの象徴的な存在になっています。

 

 

音楽アーティストRUN-DMCが愛用し、

靴ヒモなしで着用していたのがキッカケで、

ウルトラスターという派生モデルが生まれたりもしました。

※シュータンにゴムが取り付けられ、靴ヒモがなくても履ける構造。

シューレースは本来、黒の平ヒモが通してあるのですが、

 

僕は白い極細の丸ヒモに替えるのがこだわりでした。

で、それをきつく縛って履き込む!

そのお陰で、いい具合にエイジングしたかなと思います。

ちなみに、黒の平ヒモが通ったバージョンはこちら。

(他サイトから拾ったものですが・・・)

 

 

 

SUPER STAR 新品
2008年頃に「SUPER STAR」「STAN SMITH」「COUNTRY」の

三大定番モデルはそれぞれ仕様変更され、

シュータン(ベロ)のデザインは変更、アッパーの革は光沢があるものになり、

仕様変更前のものは、

今では簡単に手に入らなくなりました。

made for japanの名のもと、アップグレードした仕様変更なのですが、

(実際に、クッショニング機能を向上させたり、革も加工方法のグレードが上がっているらしいです。)

僕は、ベロのデザインやマットな感じの革質だった変更前の方がいいです。

 

このSUPER STARは、販売員時代に2番目に購入したスニーカーで、

おそらくNEW BALANCEの576よりも履き込んでます。

 

 

 

もう汚さがMAXなんですが、まだまだ履いていきたい愛情のこもった1足。

 

 

 

SUPER STAR2
SUPER STAR1

 

 

 

 

 

ファッションが好きで、気付けば品質の高い洋服に触れる機会が多くなり、

結果、行き着いたところは、

「上質で心地の良い生地をみんなに伝えたい。」という気持ち。

そこで、良品質なオリジナルのシャツを企画し、

興味のある方に届けようと こつこつ取り組んでおります。

その取り組みの動向をまとめた

ブログ内カテゴリー【オリジナルのシャツに向けて】

→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/blog-category-39

僕の上質なシャツを届けたい気持ちが伝われば嬉しいです。

 

【質問等で、僕とコンタクトを取りたいという方。】

 

ブログ「30歳目前にしてファッションを考える」

Facebookページへのリンクです。

30歳目前にしてファッションを考える-Facebookページ-

(↑クリックでリンク先へアクセスして頂けます。)

たまに、Facebook上のみで

簡単に話題を紹介してます。

↑ この記事を最後まで読んで下さったあなたには これらの記事↓ も楽しんで頂けると思います。

The following two tabs change content below.
生川敏弘(なるかわとしひろ)
1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。

ABOUTこの記事をかいた人

生川敏弘(なるかわとしひろ)

1986年、三重県四日市市生まれ。いまは岡山県岡山市在住です。 ファッションが好き過ぎて、気付けば、デニムジーンズで有名な岡山県 児島のアパレル生産業界へ飛び込みましたが、身体を壊し、同時に心も折れてしまい離職。 好きで飛び込んだ道を諦めた事で、人生に迷い、出した答えが海外遊学。カナダのトロントへ1年滞在しました。 ファッションの繋がりから現地のアパレル・ファッション関係者の人たちと仲良くなり、一時住む家を無くしかけるも、そういった現地の友人達のおかげで救われたりと、ファッション好きだったからこそ海外での生活が潤った事で、自分にはやはりファッションなんだと再認識。 帰国後、名古屋でファッションの販売員などを経て、 現在は、こつこつ続けているブログを軸に、 Facebook・InstagramなどのSNSによる情報発信をしながら、 自分のファッションブランドを立ち上げるべく準備中です。 旧ブログは、「30歳目前にしてファッションを考える」です。