forme(フォルメ)の財布&カードケース


 

財布を購入しました。

何年もずーっと探してた念願の長財布。

 


どうも。岡山ファッションブロガーの生川です。

普段は、自分の洋服屋 the PARK ( http://theparkokayama.hatenablog.com/ ) を経営しながら、フリーでパーソナルコーディネーター( http://mtatkk.com/blog-entry-category/コーディネーター )としても活動してます。

 

財布を買うなんて本当久し振りで、前回買ったときから考えるともう何年も経ちます。

 

冒頭の写真をご覧いただくとわかる通り、ロングタイプの財布。

僕にとって、人生で初めて持つ長財布となりました。

 


今回は、その財布はもちろん、どういった経緯・条件で選んだのかも紹介します。

 

 

長財布選んだ理由は何なのか。長財布を持とうと決めるまでの経緯

 


 

20代前半の頃からずーっと長財布が欲しいと思ってたんです。

それにはキッカケがあり、僕が20代前半だった当時、ある人がこう教えてくれました。

「お金を大切にするなら、長財布にしなさい。二つ折りや三つ折りの財布だとお札を折る事になる。

それはお札(お金)を大事に扱ってるとは言えない。だから経営者の多くは、長財布を使ってるんだよ。」と。

 

そのアドバイスに共感・納得した僕。

たしかに、僕の知る経営者の方。僕が尊敬する経営者の方々は、みなさん長財布を使ってました。

 



 

お金を大事にする。大切に扱いたいからこその長財布。

 


お金に対する向き合い方を変えようと思えたので、長財布を持とうと決意しました。

 


 

ちなみに、それまで僕が愛用してきた財布は決まって三つ折りタイプ。

いつもズボンの後ろポケットに入れてました。

そうなると、財布が傷むのも早い訳で。

ブライドルレザーの経年変化がカッコいいからOK!

そう言い訳しながら、英国ブランド WHITE HOUSE COX(ホワイトハウスコックス)の財布はボロボロになっていきました。

 


 

そんな三つ折り財布ばかりだった僕が、「次こそは長財布!」と決意してからおよそ10年。

自分が持ちたいと思える長財布を探し続け、ようやくベストな逸品と出会ったのです。

 

僕が長財布を探すにあたって、新しい相棒に求めた条件

 


 

みなさんは、財布選びの際にどういった条件を重要視しますか?

高級ブランドのもの?

本革製や日本製といったクオリティー面重視?

収納力?

流行?

 

僕は下記のような条件で探しました。

 

①高級ブランドのものは選択肢から外す。

 


 

こと財布となると、周りの男性を見るとボッテガやグッチ、ヴィトンなどを使う人が多いでしょうか。

しかし、それを自分に当てはめたとき、高級ブランドのものを持つのは自分の経済的に見合ってないので、選択肢から外しました。

 

②みんなが知ってるようなブランドのものも選ばない。

 


 

男性物の財布となると、ココマイスターやホワイトハウスコックス、ジャムホームメイド、イルビゾンテ、ポール・スミスといったブランド名が挙がるでしょうか。

ネットで検索してすぐに挙がるようなブランドはそれ即ち他の人とカブる可能性が大きいです。

なので、そういった みんなが知ってそうなブランドのものは選択肢から外しました。

 

③丈夫で長年使える。

 


これはそんなに大きくこだわった訳ではありませんが、本革製で縫製も最低限しっかりしてるやつがいいなと。

僕、財布は10年くらい使うことがあるので。

 

④デザインが好みのものである

 


 

これ大事です。

自己満足の世界ですね(笑)

バッグから出した時に、感性が近い人にだけでも「あ、その財布いいね。」と言ってもらえるようなデザインであれば良いなと。

長財布、探してるなかで色々なデザインを見ましたが、すごくシンプルなよくあるタイプだったり、男っ気が強いタイプだったり。

ちょうど良いのがないんです。

この条件をクリアするのが一番難しかったです。

 

⑤収納力がある。

 


 

あるにこしたことはないです。

でも、収納力がありすぎるとデザイン美は崩れていくものなので、自分の中の許容の範囲内で。

 

 

僕が選んだのは日本のブランドforme(フォルメ)のロングウォレット

 


 

雑誌やネット。もちろん実店舗(百貨店やセレクトショップ)でも色んなブランドのものを見てみたものの、しっくりくるのがない。

そんな時、名古屋にある広崎さんの洋服屋Toronさんで心を奪われました。

 


Toronさん →  http://toron.shop-pro.jp/

 

日本のレザーブランドforme(フォルメ)のものです。

 

確かなつくりと、繊細なデザインが特徴。

 

 


 

複数の写真で紹介します。

 


 

装飾は、開閉するのための擬宝珠(ぎぼし)がひとつ。

 


反対側。

財布の内側に用意されたカードポケットを縫い付けるステッチがアクセントに。

穏やかな曲線が、表情を和らげてくれてます。

 


収納力も申し分なし。

 


カードだってたくさん入ります。

 


 

小銭入れの収納口。使われてるファスナーはYKKのエクセラ。

高級ファスナーです。

滑りが非常に良いので、毎回開閉するのが楽しくなります。

 


 

財布を持って出かけるのが楽しくなる。

自分の人生を振り返ってもこんな感情は珍しいかもしれません。

不思議とそう感じさせてくれる財布です。

 

 

お揃いのカードケースも一緒に。

 


今回の長財布には、同じデザインでカードケースもリリースされてました。

こういうのはちゃんと揃えておくと後々困らないので、一緒に購入しました。

 




 

カードケースも財布と同様に、シンプルだけど美しさを感じるデザイン。

 

まだこのカードケースから名刺を出してないので、初めて使うその日が楽しみです。

 

 

最後に

 


 

このforme(フォルメ)というブランドの製品は、繊細で美しいデザインをしつつも、すごく丁寧かつ丈夫に作られてます。

 


買って良かったと思える買い物。

 

旧財布からお金を移し替えてる時間?

ええ。もちろんワクワクしましたよ^^

 

買い物するのが楽しくなる財布です。

 

 


僕がこの財布を購入した名古屋にある広崎さんの洋服屋ToronさんのWebページはこちらから

Toronさん →  http://toron.shop-pro.jp/

 

 

【前回購入したアイテムとも着回しの利くコーディネート】インフォポート合同会社代表 松山さんをコーディネートしました。


 

 

以前購入した洋服とも相性の良いアイテムを選んで、上手く着回したい。

 

先日、岡山のIT企業インフォポート合同会社 代表の松山将三郎さん(以下 松山さん)のコーディネートのお仕事をさせて頂きました。

 


どうも。

岡山ファッションブロガー。パーソナルコーディネーターの生川です。

普段は自分の洋服屋( →http://theparkokayama.hatenablog.com/ )を経営しながら、フリーでパーソナルコーディネートの仕事をしています。

 


 

松山さんからお仕事を頂いたのは今回で2回目。

前回は、春夏用のコーディネートをご依頼くださいました。

「何も持ってないので上から下まで一通りお願いします。」というリクエストがあったので、
カーディガン・ベスト・Tシャツ・ズボン・シューズ・ソックスを揃えて頂きました。

 

今回は、

・それら前回揃えたアイテムと組み合わせれる秋冬アイテム

・奥さまが選んでくれたダウンコートとも組み合わせられる

というリクエストを頂き、下見を終えてから必要となりそうな予算などを事前にお伝えした上でコーディネート。買い物同行をしました。

 


 

今回新たに揃えたのは、ジャケット・ズボン・シャツ・タートルネックの長袖Tシャツ・ソックス・ポケットチーフ。

 

シャツは、僕一人で前もっておこなった下見の段階で、松山さんのサイズがなかった為、当日までに適正サイズをお店に取り寄せて当日を迎えました。

 

 

この記事は、松山さんのために。

 

この記事は、松山さんのための記事。

あの日購入なさった洋服の取扱説明書&着こなしマニュアルです。

松山さん以外の方はご覧になってもピンとこないと思いますので、ご了承くださいませ。

 

改めまして、松山さん。

お買い物当日はお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

松山さんが変身していく瞬間に立ち会えてすごく楽しかったです^^

 
シャツ

 

秋冬用の厚地の生地のシャツ。

着こなしは、シャツ1枚で着たり、カーディガンを上に羽織ったり、ベストやジャケットを上に着用したりと、その季節・気候に合わせて着用してください。

 

綿100%で洗濯OKなので、奥さまへの負担もそんなに大きくないはずです。

着用しすぎて衿元が汚れないよう、専用の洗剤やウタマロ石鹸を活用ください。

清潔感を保つため、アイロン掛けは必須です。

 

 
ジャケット
カジュアル仕様の黒いテーラードジャケット。

今までは明るいグレーベースの羽織りもの(ジャケットやカーディガン)をチョイスしてきました。

今回は黒。

ビシッとした印象が生まれるカラーです。

前のボタンは外して着用してください。

なぜなら、既製品なのでオーダーメイドという訳ではありません。

つまり、松山さんの身体に完璧にフィットする製品ではないので、着用時にルールを設けた方がかっこ良く着こなせたりします。

 


 

いつもご多忙な松山さん。

すぐに商品を受け取ることを優先したので、もしお時間がございましたら、袖丈を詰めてほしいです。

 

カジュアルに着るジャケットなので、中に合わせるのがTシャツでもシャツでも良いような長さにお直しできたら理想的です。

 


 

目安は、手首を直角に曲げた際、ジャケットの袖口が手の甲に触れるくらいの長さが良いです。

これは、スーツ屋さんで現役の販売員さんが同じように説明してるので、参考にして頂けると嬉しいです。

 


 

生地の素材をみるに、普通に洗濯できるようなのですが、メーカーの指定では手洗いとなっています。

それが面倒な場合はクリーニングが◎です。

 

 
スラックスタイプのズボン

 

大人に着用できるズボン。

これは前回の買い直しです。

前回購入したズボン。愛用してくださってたのが見て取れたのですごく嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

洗濯方法は、ご家庭でOK

メーカーは洗濯ネットの使用を指定してるので、大事に扱って頂くためにも、洗濯ネットは用意なさった方が吉です。

もしもアイロン掛けをする際は、ポリエステルが入ってる生地なので、高温でアイロン掛けしてしまわぬよう。

アイロン跡がつく等、望まぬ結果になってしまいます。

 

 
タートルネックの長袖のTシャツ

白いタートルネックのTシャツ。

綿100%なのでご家庭で洗濯できます。

これも、洗濯ネットに入れて洗うとヨレヨレになるのを遅らせれるので僕はネットの使用をお勧めします。

 

この長袖のTシャツ。

着方の指定をさせて下さい。

 

↓ ↓ ↓  ↓ ↓

 


 

この長袖のTシャツは、首元を2回折り曲げて着用して下さい。

 

その方がお似合いでした^^

 

 


 

↑2回折り曲げるとこんな感じです。

当日の試着時も2回曲げてもらったのを思い出しましたか?

 
ソックス

 

柄の可愛いソックス。

今回見つけたソックスは、僕も同じのを履きたいくらい良いデザインのものが見つかりました。

履きすぎてボロボロになりそうな時はご一報ください。

アフターサービスと言えるのかわかりませんが、期日の設定が特になければ、無料で新しい別のものを探します。

 

 

着回しサンプル

 

着回し方の例です。

全て、前回購入したものと今回選んだものとの組み合わせです。

シャツは、松山さん私物のお気に入りのものでも大丈夫です。

 

 


 

①シャツのみ

 


②シャツ × ベスト

 


 

③シャツ × ベスト × カーディガン

 


④シャツ × カーディガン

 


⑤シャツ × ジャケット

 


⑥シャツ × ベスト × ジャケット

 

 

 


⑦タートルネックTシャツ × ジャケット

 

 


 

⑧タートルネックTシャツ × ベスト × ジャケット

 

 

それぞれ、季節やお出かけ先の場面によって、お手持ちのPコートやダウンコートを着用し分ければ、8パターン×2で、16通り。

シャツも私物のものを交えればさらにそれ以上の組み合わせが可能です。

 


 

以上です。

いかがだったでしょうか?

もし着こなしでわからない事があれば、いつでもご連絡ください^^

 


松山さんのファッションをいつも気に掛けてらっしゃる奥さまが、今回の僕のコーディネートで「お洒落だね!今度その格好で○○○へ出掛けようよ!」と喜んでくれたら、ぜひお知らせ下さい。

そうなれたなら、今回もおしゃれにナル!は大大大成功。僕も嬉しいです。

 

ではでは

【岡ブロ総集編 過去6回を 再確認や!】第7回岡ブロは のんびり 真面目に過去の振り返り。


 

去る11月19日(日)、僕が運営メンバーとして携わらせて頂いてる岡ブロの第7回目が行われました。

 


どうも。

岡山初の有料ブログセミナー岡ブロの運営メンバー。

ファッションブロガーの生川です。

普段は洋服屋の店長を務めながら、自分のファッションブランド運営。

そして、パーソナルコーディネートのお仕事をさせて頂いてます。(←クリックでリンク先へアクセスできます。)

 


 

岡ブロは、岡山ブログカレッジの略称。

岡ブロ発起人のちーさんの「ブロガーの居場所づくりを。」という想いに共感したメンバーが集まりスタートしたもので、

既にブログを運営してる人も、これからブログを始めたい人でも。ブロガー同士が交流できる岡山で唯一の学び場。共に学び合い成長していこう!というブロガーが集える場。

 



 

 

第7回目の今回は、「岡ブロ総集編 過去6回を 再確認や!」ということで、これまでのテーマと概要を みんなで簡単に振り返りました。

 


後半には、参加者さんからの質問に答えたり、参加者さん同士が交流したり。

 

もちろん、いつも通りゆるーい雰囲気の中で行われました。

 

 


うん。やっぱ岡ブロの空気感 めっちゃ好きや。

 

【第7回 岡ブロ。勝手にファッションチェック。】ファッションブロガー生川の楽しみ。

 


 

さて、僕が毎回ひとりで楽しんでやってるのが、参加者さん・運営メンバー・講師の方を含めた岡ブロに集まった人たちのファッションチェック。

 


ファッションチェックといっても、僕が「良いな」「素敵だな」と思ったアイテムや着こなしを紹介するただの自己満企画です。

 

複数紹介して参ります。

 
①あまむらさんのトートバッグ

 

あまむらさん( → https://amamuragohan.com/のトートバッグ。

遠くから見ててすぐに「メガネの柄が可愛いな」って思って、声をかけに近づいたら、なんとスヌーピーが!

※ピーナッツはスヌーピーが出てる作品名。スヌーピーは、ピーナッツという作品に出てくるキャラクターの名前。

 

↑メガネの柄 × ピーナッツ(スヌーピー)

 

話を伺うと、こちらのバッグはあまむらさんの身内の方の手作り。ハンドメイド作品なのだそうです。

 

↑裏地は可愛い植物柄

 

前回MVPの のひらさんのブローチも手作りだったし、どうやらそういったアイテムを選ぶ傾向にあるようです。

 

 
②うーとさんのストール
 

↑うーとさん( → https://uto-blog.com/ )のストール。

 

こういう柄物のストールっていいですよね。

ただシンプルに僕が好きだからエントリーさせて頂きました。

 

今日は自分のブランドのシャツの販売 最終日! ・ lilli apartment さん @lilli_official0420 とお客さんの絆の深さを実感してます! ・ 最終日の今日は20時までお店にいます! ・ ・ 店主 尾崎くん @matin630 は、応援のスタッフとして1階のカフェ GOOD LIVING & GOOD COFFEE さんにいます(^^) ・ ・ ・ ・ 僕のファッションブログへはこちらから → @toshi.narukawa ・ ・ #fashion #fashionblogger #instagood #OOTD #followme #moda #instafollow #패션 #メンズコーデ #メンズコーディネート #メンズファッション #mn_snap #コーデ #コーディネート #ファッション #今日のコーデ #おしゃれさんと繋がりたい #お洒落さんと繋がりたい #足元倶楽部 #今日の一足 #岡山 #岡山ファッション #四日市 #四日市ファッション #lilli #lilliapartment #GOODLIVINGGOODCOFFEE #herbarium #ハーバリウム

生川敏弘さん(@toshi.narukawa)がシェアした投稿 –


↑僕も柄物のアイテムは重宝してます。

 

「洋服は無地しか持ってない・・・。」という方でも、こういった柄のある小物を取り入れれば それだけでコーディネートに華を添えられます。

 

ほとんどの方がストールやマフラーを 無地や落ち着いたデザインのものから選ぶ印象なので、柄物のマフラー・ストールはおすすめです。

 

 
③グルメブロガー北川さんのダウンジャケット
 

↑岡山のトップグルメブロガー北川さん( → http://okayamagourmet.com/

 

もうこの企画の常連です。

 

↑DESCENTのロゴマーク

この日 北川さんが着用してたのは、近年 ファッション好きの中で大きな話題となっているDESCENT(デサント)の水沢ダウンを使用したダウンジャケット。

簡単に言うと、お洒落で超あったかくて、トレンド性もあって、そして、めっちゃ高額。ということです。

 


 

グルメ以外でお洒落にも敏感な北川さん、さすがです。

 

というか、ファッションのジャンルに侵出してこないでほしいです。

 

だから、次の岡ブロファッションチェックでは意図的にエントリーから外します。

 

・・・・・・・・・・。

 


 

・・・・・・・・・・。

 

いや、やっぱりできない!

 

出来レースだと言われようが、北川さんは外せない・・・・!

 

外せないんです!!!!!(どん!)

 

・・・・・・・・・。

 

失礼しました。

北川さんを特別扱いしてる感を出しましたがもちろん嘘す。

毎回 公平にやってます。

 

【第7回岡ブロ。男性ファッション部門MVP】OZANさんのシューズ

 

↑OZANさんの足元。

 

今回は、MVPを男性と女性からおひとりずつ。合計2名選出しました。

 

男性部門MVPは、OZANさん。

OZANさんのこのシューズは、Clarks(クラークス)というブランドのナタリーというモデル。

 


クラークスというブランドは、1825年に創業されたイギリスの超老舗シューズブランドで、30代以上の大人の方が履くにぴったりのブランド。

ファッション好きの間では、流行に左右されず履ける永遠の定番ブランドとして名を連ねてます。

 


 

ナタリーというモデルは、そんな老舗シューズブランドであるクラークスの中でも定番のモデル。

他にも、デザートブーツ、デザートトレック、ワラビーブーツなどの名作があります。

興味のある方は、是非検索してみてください。

Clarks(クラークス)の公式サイト → https://www.clarks.co.jp/originals/

 

 


僕自身、クラークスのシューズは、何足か愛用してきました。

僕の私物のクラークスのシューズはこちら
→ http://mtatkk.com/blog-entry-category/clarks

 

いまは一足手元にあります。

 
OZANさんへワンポイントアドバイス。

↑OZANさんは、全身のコーディネートも素敵でした。

 

コーディネートもすごく素敵だったOZANさん。

足元には、ほとんどのファッション好きが見逃さない名作シューズをチョイスされてバッチリでした。

ですので、靴下のチョイスをもっと意識されたらさらにコーディネートが整うと思います。

 


 

おそらく、くるぶし丈よりも短い  ” 履いてるけど履いてないように見える靴下 ” を着用されてるのだと思いますが、それを履いて許されるのは春と夏だけです。

11月の中頃となると、「え?素足で革靴?寒いのに?」と、足元が少し寂しそうです。


コーディネートの差し色になさっていたシャツと同じオレンジ色の靴下なんていかがでしょうか?

OZANさんのお洒落なコーディネートに さらに色のまとまりが生まれると思います。

 

 

【第7回岡ブロ。女性ファッション部門MVP】ゆかりさんのデザイン性抜群のストール

 


 

第7回岡ブロ。女性ファッション部門MVPは、ブログ「大人女子@おかやま」ゆかりさんのストール。

ゆかりさんのブログへはこちら → http://otonajosi.com/

 


 

これくらいデザイン性の高いものを選べば、仮にユニクロのようなシンプルな着こなしでも、それだけでコーディネートに ” お洒落さ ” を加えることができます。

 

↑白色が綺麗なコートも素敵。

 

デザイン性の高さを備えながらも、色がオフホワイトと使いやすい色なのもポイントが高くありませんか?

これがド派手な配色だったりすると、ただただクセが強いアイテムでしかないので^^;

 

 


第7回目を迎えた岡ブロ。今回もすごく楽しめました。

みなさん、撮影のご協力を下さりありがとうございました!!

 

 

【次回告知】第8回目の岡ブロは遂にちーさんが登場!

 


 

次回の岡ブロは12月17日(日)に開催。

 

↑いつも ちーさんは、みんながわいわい交流してるのをすごく優しく見守るように見てるんです。

 

岡山スマホユーザー会や、我らが岡山ブログカレッジを生み出してきた ちーさんが、イベントの運営ノウハウについて話してくださいます。

 

くわしくは、ちーさんのブログの告知記事をご覧ください。

アナザーディメンション「パクリ推奨!イベント作りの「コツ」伝えます。第8回岡山ブログカレッジは12月17日に倉敷公民館で開催!忘年会もあるよ」
→ https://estpolis.com/2017/11/40655.html

 

うーとさんめぐさんと。懇親会会場にて。

12月の岡ブロは忘年会もあるので是非ご参加くださいませ。

 

あ、それとですね。

生川、12月の岡ブロ&忘年会はお休みいたします。(お店でひとり営業なのです。)

ですので、

くれぐれも、当日は楽しそうな記事をSNSに投稿しないでください。

僕が寂しいキモチになってしまうのでw

 

 

ではでは

【○月○日から?気温○度以下なら?】真冬用コートやダウンジャケットはいつから着れば恥ずかしくないか。


 

みなさんは、真冬用の衣料であるダウンジャケットや厚手のコートって、何を基準に着はじめるのでしょうか。

これまでを振り返って、

「あれ?今日 こんなに大げさに防寒してるのは自分だけじゃ・・・」

なんて経験はありませんか?

 

↑に心当たりのある方。

もしかして、今年もフライングしてませんか?

 

どうも。

岡山のファッションブロガー生川です。

普段は洋服屋の店長を務めながら、自分のファッションブランド運営。

そして、パーソナルコーディネートのお仕事をさせて頂いてます。(←クリックでリンク先へアクセスできます。)

 


 

毎年 街で見掛けます。

大勢の人が行き交う中、

「え?この時期、この気候で もうダウンジャケット着ちゃうの?」っていう、

超フライング気味で着始めちゃってる人。

 

【僕はこれで迷わない。】生川的、真冬の装いを始める基準。マイルール。

 


 

前提として、ダウンジャケットや厚手のコートと呼ばれる重衣料を着はじめる時期は、当然ですが決まってません。

なので、真夏に着ようがいつ着こなそうが問題ありません。

 

問題はありませんが、僕は周りに合わせて重衣料を着るか否かの判断をしたくないので、自分の中でその基準を明確に決めてます。

今回はそれを紹介します。

 

○月○日から?気温が○度を下回ったら?

 


 

僕は大きく二つの判断材料を用意してます。

 

一つ目は
日にちを決めてるということ。


二つ目は、
その日の最高気温・最低気温で判断する気温によるもの。


 

 

日にちで判断するなら・・・

 


 

原則、12月に入ってから。

それは、冬という季節の区分が12月~2月だから。

実際 12月に入ると、街で重衣料を着る人が一定数いる印象です。

つまり、フライングで着てしまい、
「あれ?これだけ大げさに防寒してるの自分だけ・・・?」となる事がなくなります。

 

気温なら・・・

 


 

12月1日以降の日で、気温が10度以下になる日。

気温が10度以下でも、それがまだ11月だったら僕は手持ちの洋服をうまく組み合わせて対応します。

 

例えばですが、①昼間に出掛けるパターン ②夜に出掛けるパターン があるとします。

 


①今日は昼間に外出。 → 天気予報をチェック。 → 最高気温が10度以下なら重衣料。

 

 


②今日は夜に外出。 → 天気予報をチェック。 → 最低気温が10度以下なら重衣料。

 

↑って感じで主に判断してます。

(” 主に ” なのは、その日の気分で着たい洋服があったりするので、毎回ではないからです。)

 

※ちなみに、ネットで調べてみると「13度以下から」「15度以下から」という見解が複数ありました。

冬のコートはいつから着るのが良い?気温や11月はどうか、服装も紹介



 

俺は(私は)自分の道をゆく!!!という方は・・・

 


 

ここまで、僕の個人的な「ダウンジャケットや真冬用コートを着るタイミング」の判断の仕方を記述しました。

しかしもちろん、ご自身の体感で判断してOKです。

逆に、周りから浮きたくないのであれば、街で重衣料を着てる人の割合が増えてきてからっていうのも立派な目安のひとつです。

 

 

まとめ

 


 

原則、12月1日から着始める。

12月1日以降の日で、お出掛けする時間帯の気温が10度以下だったら、ダウンジャケットや厚手のコートに活躍してもらう。

 

個人差があるでしょうけれど、外へ出かけてて、「うわ、今日さぶっ!(x_x)」てなるのが
僕のなかでは割りと10度以下なので、僕は自分の判断基準を10度以下にしてます(^^;

 

 


※今回の記事は、岡山県在住の僕の個人的な見解です。

 

 

 

政治家の高井たかしさんのコーディネートをお仕事させて頂きました。


 

岡山の超人気学習塾 かわた塾 代表の川ちゃんのコーディネート(→http://mtatkk.com/blog-entry-20784.htmlに続き、
今度はなんと政治家さんのコーディネートをお仕事させて頂きました。

 


こんにちは。

岡山のパーソナルコーディネーター生川です。

普段は洋服屋の店長をしながら、自身のファッションブランド運営もしております。

お洒落に身なりを整えることで、若者にも憧れてもらえるように。

 


はじめ、高井さんサイドからコーディネートのお仕事の依頼があったとき、僕はある野球選手の事を思い出してました。

 

画像引用元:Wikipedia

その野球選手とは、元日本ハムファイターズの新庄選手。

 

「これからの時代、政治家ももっとファッションに気を遣わないと・・・!」と、高井さん側からコーディネートのお仕事の話を頂いた時、僕は、2004年頃の日ハムに移籍したばかりの新庄剛選手の話を思い出しました。

新庄選手は、当時 普段着があまりにもダサ過ぎる日ハムのチームメイトに対して、

「普段着にもっと気を遣ってお洒落をしないと。でないと、” 野球選手って、ユニフォーム姿以外の時はカッコ悪いんだ・・・ ” と思われて、子供達に憧れてもらえないし、野球に興味をもってもらえないよ。」

と、身なりを整えることの大切さを説いたそうです。

新庄選手が移籍してからは、当時の日ハムの選手はすごくお洒落になり、ファンとの繋がりも濃くなったそうです。

そんな新庄選手と高井さんの姿勢が、頭の中で少し重なった僕は、ファッションの価値を高めようとお仕事を受けさせて頂きました。

 


 

割愛しますが、これまでお受けしてきた他のコーディネートのお仕事とは少し違う条件下で取り組んだ今回。

最後、実際にご本人さんが僕の提案した洋服に身を包んだ姿を見てひと安心。

すごくお似合いでした。

 

高井さん専用のコーディネートマニュアル


 

さて。ここからは高井さんだけに向けて書くので、他の方は読んでも面白くないと思います。

ですので、興味のない方は、僕が店長を務めるレディースファッションのお店 the PARK イオン岡山店のブログをご覧くださいませ。(←宣伝です)

 


the PARK イオン岡山店ブログ
→ http://theparkokayama.hatenablog.com/

 

高井さんに選んで頂いた洋服のアレコレ

 


 

シューズについて。

ファッション要素を強め過ぎてはいけないようなシーンで、足元に革靴を選ぶ場合は、フォーマルの要素の強いベージュ色のキメ細かい生地のソックスを。

それ以外の場面で革靴を履く時や スニーカーの場合は、ドット柄のソックスを合わせて下さい。

遊び心が生まれるので、足元からファッションが楽しくなります。

 

友人 岡山トップグルメブロガー北川さんのお洒落なズボン

次はズボンについて。

今回選んだズボンは、別のコーディネートを担われたスタイリスト、野村陽子さんの選ばれたジャケットとも組み合わせれるので、着回しが利きます。

野村さんチョイスのジャケットと僕の提案したズボンを合わせる場合は、中のTシャツを白にして下さい。

明るい表情がお似合いの高井さんによりお似合いになるはずです。

 


 

続いてジャケットについて。

ジャケットについては、着こなしについてのアドバイスなどではないですが、少し書いておきます。

今回選んだジャケットは、ラペル(襟)の幅やゴージライン(ジャケットの上襟と下襟の繋がってるライン)の位置が、わりとスタンダードな設定になってます。

つまり、流行にそこまで左右されにくいベーシックな寸法設定なので、大切に扱って頂ければ、長い期間着ることができます。

 


 

ジャケットを着るシーンによっては、中に着てるTシャツをYシャツにしても大丈夫です。

Yシャツを中に着る場合は、Tシャツを合わせる時よりも ” キリッとした感 ” が生まれます。

なので、ラフになり過ぎてはいけないけれど、着崩し過ぎも良くないという場面には適度なお洒落感を備えたこのジャケットを上手く活用して頂けたら嬉しいです。

 


 

あとは、ジャケットのポケットにポケットチーフを挿すと、よりお洒落になるのでそういった機会があれば是非試してみて下さい。

 

最後に


 

高井さん。今回はこのような機会を本当にありがとうございました。

僕自身、ファッションの価値・可能性の大きさを改めて再認識させて頂けました。

 


もし、今後ファッションでわからないことがあれば、いつでもお尋ねください^^

 

 

ではでは

 

 

【ブログに役立つWEBライターの文章術を学ぼう by 吉見夏実さん】第6回岡ブロは喫煙所が激アツスポットでした。


 

去る10月15日(日)、僕が運営メンバーとして携わらせて頂いてる、第6回目となる岡ブロが行われました。

 


どうも。

岡山初の有料ブログセミナー岡ブロの運営メンバー。

ファッションブロガーの生川です。

普段は洋服屋の店長を務めながら、自分のファッションブランド運営。

そして、パーソナルコーディネートのお仕事をさせて頂いてます。(←クリックでリンク先へアクセスできます。)

 


岡ブロは、岡山ブログカレッジの通称。

既にブログを運営してる人も、これからブログを始めたい人でも。ブロガー同士が交流できる岡山で唯一の学び場。共に学び合い成長していこう!というブロガーが集える場です。

 


 

美人WEBライター吉見さん

 

第5回目の今回、講師はWEBライターの吉見夏実さん。

テーマは、「ブログに役立つWEBライターの文章術を学ぼう」です。

 

 

講義内容はこちらをご参照くださいませ。

 


 


 

今回の岡ブロ。

どういった内容だったかは、レポート記事をアップしてくださってるみなさんのブログをご参照いただくとしまして・・・

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ちーさん(運営メンバー):ブロガーとWEBライターに共通するマインドとは?第6回岡山ブログカレッジ開催レポート #岡ブロ

 

つぶあんさん:講師はWebライターの吉見夏実さん!岡ブロに参加してきました。

 

MATTUさん:【#岡ブロ 第6回】吉見夏実さん( @NatsumiToshi )に、ブログに役立つWEBライターの文章術を学ぼう!

 

とみやすさん:あなたはライターorブロガー?吉見夏実さんが講師の岡ブロレポート

 

ゆかさん:「ブログに役立つWEBライターの文章術を学ぼう」

 

fullmoonさん:【ブログ運営】岡山ブログカレッジでWebライター吉見夏実さんの講義を受けてきました

 

アスニスクさん:著作が好評のライター吉見夏実氏が来岡!第6回岡山ブログカレッジに参加

 

かにかまさん:Webライターの吉見夏実さんによるブロガー向け講座 #岡ブロ

 

ksrmxさん:何を書いても「これはダメだ」病にかかってしまったため、「ブログのことを楽しく学び合う勉強会」岡山ブログカレッジさんに参加してみた!

 

ポコペソ太郎さん:大人気Webライター「吉見夏実」さんにブログで役立つ文章術を学んできた!【#岡ブロ】

 

パパンダさん(運営メンバー):やりたいことがあったらやっちゃおう!!岡山ブログカレッジ( #岡ブロ)第6回目が開催されました。

 

↑僕が書くよりも濃ゆい内容でみなさんまとめてくださっているので、今回のレポートはみなさんにお任せさせて頂ければと・・・

 

講義内容はもちろん、喫煙所での時間が僕にとって大きな気付きと自信を与えてくれました。

 


 


はい。

僕にとって今回の岡ブロ、喫煙所でトシさん(運営メンバー)と吉見さんとご一緒させて頂いた際に会話した時間がすごく価値のある時間でした。

 

なのですが、すみません。

そこは公にしないでおきます。

 

↑つまり、こういうことだと思う。

 

トシさん。吉見さん。ありがとうございました。

 



 

参加者さんの人数も多く、非常に価値のある時間を共有させて頂けました。

 

【岡ブロ勝手にファッションチェック】ファッションブロガー生川の楽しみ。

 

グルメブロガー北川さん、写真ありがとうございます!

 

さて、僕が毎回ひとりで楽しんでやってるのが、参加者さん・運営メンバー・講師の方を含めた岡ブロに集まった人たちのファッションチェック。

 


ファッションチェックといっても、僕が「良いな」「素敵だな」と思ったアイテムや着こなしを紹介する利己的な企画です。

 

今回は複数紹介します。

 

①岡山トップグルメブロガー北川さんのスニーカー



 

北川さんの足元。
( →http://okayamagourmet.com/ )

 

いやー、これは たまりません・・・

 

一見するとただのアディダスのスニーカー。

でも、実はこれ、日本では入手不可能な国内未発売モデル「スーパースター 80s クリーン」という一足。

 

これを履いてればまず他人とはかぶらないであろう知る人ぞ知るスニーカーです。

 

僕がなぜここまで詳しいかというと・・・・

 



 

なぜ僕が詳しく知ってるかというと、僕も持ってるからです(笑)

しばらく前に更新した記事で紹介したばかり。

 

ADIDAS スーパースター 80s クリーン BB0169 日本未発売モデル



 


ADIDAS SUPERSTAR 80s CLEAN
アディダス スーパースター 80s クリーン BB0169  日本未発売モデル

→ http://mtatkk.com/blog-entry-20723.html

 

北川さんとおソロです!

 

②WEBライター吉見さんのヒール


 

まだ公にはきちんと発表はしてませんが、僕、いまレディースファッションの洋服屋さんの店長をしてます。

この吉見さんのシューズ。

自分のお店で取り扱いたいなって思えたお洒落なシューズでした。

 


 

こちらはDIANA(ダイアナ)というブランドのもので、岡山だと岡山駅地下に専門店があるので、興味のある方は覗いてみてください。

たくさんのお洒落なシューズときっと出会えるハズです。

 

【第6回岡ブロ。ファッション部門MVPは・・・】のひらさんのブローチ


 

↑今回のNo.1はこちら!

 

県内からご参加くださった のひらさんのブローチです。

 


 

のひらさん、お写真ありがとうございます!

 

「あ、なんだか素敵なブローチされてるな・・・」と思い撮影をお願いするお声掛けをしたところ、なんとこのブローチ。

のひらさんのハンドメイドなのだそうです・・・!

 

 


すごく可愛いブローチが、まさかハンドメイドのものだとは・・・。

「これ手作りなんです。」

とご本人さんから聞いた瞬間、今回のMVPは即決でした。

 

懇親会は、老舗の和食処カモ井さん


懇親会は、岡ブロの会場となったカモ井さんで行われました。

豪華なメニューにみんなテンションが上がってたように思います。

もちろん美味でした。

 

 

第6回岡ブロまとめ

 



 

ゆるーい雰囲気の中、学べて・出会えて・楽しめる。

さらにはファッションも楽しめる岡ブロ。

次回も非常に楽しみです。

 

あ、あと、ファッション好きな男性のご参加お待ちしております!!

 

 

ではでは

 

 

【岡山にお洒落な塾長さん誕生。】情熱的な塾長。かわた塾の川田さんをコーディネートさせて頂きました。


問題「おしゃれな塾長に教えてもらうためには、どこの塾がいいですか?」

解答「かわた塾」

 

先日、岡山のイケメン塾長さんのコーディネートをお仕事させていただきました。

 

 


どうも。岡山ファッションブロガー。パーソナルコーディネーターの生川です。

先日、岡山の人気学習塾 かわた塾の代表 川田崚介さん(川ちゃん)のコーディネートをお仕事させて頂きました。

 

川ちゃんのファッションの悩み

 


 

「先生、同じ服ばっかりやん!」

「先生、もっとちゃんとした服着て!」と、

塾生さんたちからよく言われていたそうです。

実際、大学を卒業してからほとんど洋服を買ってなかったそうで、そもそもの話で洋服の組み合わせがわからなくて困っていたのだとか。

 

この記事は、川ちゃんのために。

 


 

この記事は、あの日に川ちゃんが購入された洋服の取り扱い説明書&着こなしマニュアルです。

 


 

今回僕が提案させて頂いたコーディネート。

 

それは、白のタートルネックセーターを軸に、その下に着るTシャツでバリエーションをもたせる着こなしです。

 

川ちゃん。この記事は是非ブックマークして、いつでも読み返せるようにしてください^^

 

洋服の組み合わせ一覧

 

セーターと、カラフルなボーダー柄のTシャツの組み合わせ。

 

セーターと、落ち着いた色味のボーダー柄のTシャツの組み合わせ。

 

セーターと同じようにタートルネックとのTシャツの組み合わせ。

 

↑ここまででまず3パターン。

 

次は、川ちゃんが既にお持ちだったグレーのテーラードジャケットを絡めた組み合わせです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

セーターと、カラフルなボーダー柄のTシャツの組み合わせ。 × グレーのジャケット

 

セーターと、落ち着いた色味のボーダー柄のTシャツの組み合わせ。 × グレーのジャケット

 

セーターと同じようにタートルネックのTシャツとの組み合わせ。 × グレーのジャケット

 

↑これで合計6パターン。

グレーのテーラードジャケットは、川ちゃんの私物でお気に入りの1着。

そのお気に入りのジャケットを絡めてコーディネートを組める提案をしたので、既にお気に入りだというジャケットを、もっと気に入ってくれると嬉しいです。

 

次は、今よりも寒さが増した時期の組み合わせ。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

セーターと、カラフルなボーダー柄のTシャツの組み合わせ。 × ネイビーのチェスターコート

 

 

セーターと、落ち着いた色味のボーダー柄のTシャツの組み合わせ。 × ネイビーのチェスターコート

 

 

セーターと同じようにタートルネックのTシャツとの組み合わせ。 × ネイビーのチェスターコート

 

↑これで合計9パターンのコーディネート。

 


川ちゃんは肩幅が少し狭い方。

こういった肩周りがしっかりと形づけられたタイプのコートは肩幅の狭さをカバーしてくれるので、川ちゃんの体型と非常に相性が良いです。

 

スマホを使っての説明に、真剣に耳を傾けてくれる川ちゃん

 

前述したそれぞれの組み合わせに対して、購入したズボン二本を日替わりで合わせることで、×2のコーディネートスタイリングができます。

 

つまり、

9パターン×2で、18通りのコーディネートを楽しめます。

 

それだけじゃありません。

 


さらに、

事前のヒアリングで教えてくれた、既に川ちゃんがお持ちのお気に入りの洋服。

↑の茶色のセーターに、今回購入したズボン二本を合わせてもOKなので、18通り以上のコーディネートを楽しめます。

 

川ちゃんのファッションで必ず気を付けてほしいポイント。

 


 

川ちゃんのファッションで必ず意識してほしいこと。

 

僕のお気入りの私物。カシミア100%のセーターとカラフルなソックス。

 

川ちゃんに意識してほしいポイント。

中に着るTシャツとソックスの色を必ず揃えてください。

 


 

中に着るTシャツとソックスそれぞれの色味を揃えることで、何気ないコーディネートに 遊び心や、ファッションの中に ” こなれ感 ” が加わります。

 


 

シューズもお気に入りのものを履いてもバッチリ形になるので、その日の気分やお出掛け先、用途で使い分けてください(^^)

 

ズボンを穿く時の注意点

 

次はズボン着用時のポイントです。

 


 

今回、ズボンを二本購入していただきました。

それらを穿く時は、裾を2cmほど折り曲げて着用してください。

ソックスの柄も見えやすくなるので、是非意識していただきたいです。

 

川ちゃんの新しいファッションの周りの反応は・・・

 


 

コーディネート提案から数日後、川ちゃんこんな嬉しい反応があったと教えてくれました^^

 


 

オシャレになったことを聞きつけた女性の方から写真をお願いされました!

あとは、女子生徒から、「前より10倍良い」と言ってもらえました!

 

ヤッタネ!!!

こうやって、パーソナルコーディネートを依頼してくださった人たちに、ファッションが変わったことで嬉しい出来事があると、僕も嬉しいです。

 

最後にひとつアドバイス


 

川ちゃんの私物のジャケットの袖丈が少し長いです。

僕としては、洋服のお直し屋さんに持って行って丈詰めするのをおすすめします。

 

 



 

川ちゃん、先日は楽しい時間をありがとうございました(^^)

 

これで デートの服も迷わなくて大丈夫です!!

 

 

ではでは

 

 

ADIDAS スーパースター 80s クリーン BB0169 日本未発売モデル


ADIDAS SUPERSTAR 80s CLEAN
アディダス スーパースター 80s クリーン BB0169  日本未発売モデル

 


ファッションコーディネーター。ファッションブロガー。そして、自分のファッションブランドの活動もスタートした僕がハートを一発で射抜かれたスニーカーが見つかりました。

 

スタンスミスを越える、「大人が履いてかっこいい・清潔感あるスニーカー」です。

 

スタンスミス(引用元:https://mens.tasclap.jp/a1088 , http://zozo.jp/スタンスミス

スタンスミスと言えば、世界で一番売れてるスニーカーとしてギネスブックに掲載されるほどのアディダスの名作モデル。

 

30代、40代のファッションにも使えるスニーカー! “スタンスミス”スナップ22選



↑こういった記事や

 

+CLAP MEN:アディダス スタンスミスがメンズコーデにハマる理由
→ https://mens.tasclap.jp/a1088

 

↑こういった記事をご覧いただくとわかるように、アディダスのスタンスミスというスニーカーは、大人向けなスニーカーとして多く扱われてます。

 


ファッションに困った大人が選んで恥ずかしくないスニーカー。

シンプルなデザインの大人スニーカー。

というのが僕のスタンスミスに対する印象。

 

スタンスミス(引用元:https://mens.tasclap.jp/a1088 , http://zozo.jp/スタンスミス

 

13年程前。僕がアパレルの販売員をしてた頃から、キレイめスニーカーの代表格としてファッション業界では紹介されてきたスタンスミス。

元々はテニスシューズとして誕生し、今では定番の大人スニーカーとして君臨。

スタンスミスはまさに、スニーカー界の王者です。

 

スタンスミス(引用元:https://mens.tasclap.jp/a1088 , http://zozo.jp/スタンスミス

※世界一売れたスニーカーとしてギネスブックにも登録されてます。

 

ハイレット(スタンスミスの原型となったスニーカー)

↑スタンスミスの原型となったスニーカー、ハイレット
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13045.html

 

ビリヤード柄のスタンスミス

 

↑今ではかなり珍しい ビリヤード柄のスタンスミス。
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13046.html

 

↑僕もこれら二足所有してます。

実際に所有してる感想としては、ネットの記事で言われてるように、かなり使いやすい一足。

クセのないシンプルなデザインだから、色んなコーディネートに合わせやすいです。

 

スタンスミス(引用元:https://mens.tasclap.jp/a1088 , http://zozo.jp/スタンスミス

 

さて。今回はスタンスミスを紹介する記事ではありません。

冒頭からここまで良い点しか挙がってない、そんなスタンスミスを越える一足を見つけてしまいました。

というより、ずっと以前から知っててチェックしてたモデルです。

 


 

スタンスミスを超える大人スニーカー。

その名も、

SUPERSTAR 80s CLEAN
スーパースター 80s クリーン

です。

その名の通り、元はスーパースターというモデル。

このスーパースターも、スタンスミス同様にアディダスの定番スニーカーと呼ばれる一足です。

 


 

今回の SUPERSTAR 80s CLEAN

アディダスのスーパースターというモデルを知ってる方は驚くかもしれません。

だって、元々のスーパースターの表情と全然違うんですから。

 

ADIDAS SS80s

↑元のスーパースターはこちら。
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13043.html

 



 

↑並べてみるとこんな感じ。

印象が違いすぎます。

スーパースター クリーンは、アディダスのブランドの象徴とも呼べるシューズ側面にあしらわれるスリーストライプ(三本線)がありません。

 



ヒールのトレフォイルロゴ(三つ葉のマーク)もありません。

 


シュータン(ベロ)のロゴプリントも・・・

 


シュータンのロゴプリントも、 今回のSUPERSTAR 80s CLEAN にはありません。

 



 

シューズ側面に配された adidas SUPERSTAR の文字が、このシューズの品を高めてます。

 

スーパースターヴィンテージ(引用元:アディレッタ DE 散歩)

これは、10年程前にリリースされた、スーパースター ヴィンテージというモデルにあしらわれてるのと同じなのかな?

 

記事の冒頭で書きましたが、これまでスタンスミスは、シンプルなデザインの大人スニーカーと紹介されてきました。

シンプルなデザインの大人スニーカー。

個人的に、今回の SUPERSTAR 80s CLEAN は、スタンスミスのそれを軽く飛び越えてます。

 


 

いやー、たまりません。デザインも去ることながら、この絶妙な色味。

真っ白ではなく、クリームがかったホワイト。

 


 

紺色じゃなく、インディゴ。みたいな。

ジョイサウンドじゃなく、イロメロミックス。みたいな。

白味噌?赤味噌?

いやいや、今日は合わせ味噌な気分なのよね。的な。

 



うーん・・・。今日の足元は白でもグレーでもない・・・。


そんな場面でかゆいトコロを掻いてくれる、見事なカラーです。

絶妙なんです。(大事なので2回言いました。)

 


そして何より、このスーパースター 80s クリーンというスニーカーは、履いてても街で他者とはほぼかぶらないモデルなのが最大の魅力。

なぜかと言いますと、これ、日本未発売モデルなんです。

 

僕が元々このスニーカーの存在を知ったのは海外のスニーカー情報サイト。

 

なんやこれは!!!(カッコ良すぎる!!!)

 

わ、めっちゃええやん!!ってテンションが上がったものの、日本での発売日などの情報が一向に入ってきません。

調べてみたら、海外だけで流通する日本未展開のモデルだったというわけです。

 


そしたら先日、オークションに出てるのを発見してゲット。

 



 

すごいですね。ヤフオクは。

なんでも手に入ります。

まさか手に入るとは思ってもなかった一足。

大事に履きたいと思います。

 


 

もし、同スニーカーが気になる方はこちらへ。(ヤフオクの検索結果をリンクしておきます。)

ヤフオク:「スーパースター 80s クリーン」の検索結果
→ https://auctions.yahoo.co.jp/search/スーパースター 80s クリーン


※宣伝とかではないです。


 


 

履いて出掛けるのがすごく楽しみです!

 

 


ワクワクが止まりません。

 

ではでは

 

 

 

NIKE バンダル ハイ サプリーム QS  AH8652-001 2017年復刻版


 

NIKE VANDAL HIGH SUPREME QS METALLIC SILVER/UNIIVESITY RED-SUMMIT WHITE

ナイキ バンダル ハイ サプリーム QS 銀/赤 ウルトラマンカラー
AH8652-001

 


ファッションコーディネーター(パーソナルコーディネーター)である僕が溺愛するスニーカーが、ついに復刻。国内では2017年10月1日に発売。

(※のちに発売日が変更され、2017年10月7日になりました。)

あまりにも欲しかった僕は、日本国内の発売日の情報が発表される前に、海外の有名スニーカーショップのオンラインストアで購入しました。

 


 

人気スニーカー情報サイトSNEAKER WARSより、以下引用。

→ http://sneakerwars.jp/items/view/6895

オリジナルは1984年にリリース。

AIR FORCE1 、DUNKとならび、80年代を代表するバスケットシューズとして名高いVANDAL(バンダル)

シルバーに染めたアッパーは斬新なパラシュート素材を取り入れ、その素材感とメタリックなカラーは後のヴィンテージ市場でも絶大な支持を集めた。

本作のオリジナルカラーであるメタリックシルバーは、過去に20002年と2008年に復刻。

※2002年版ではオリジナルとは大きく質感の異なる生地で復刻。2008年版ではヴィンテージ加工を施した仕様で復刻。

これまでの復刻はどちらも素材にアレンジが施されていたが、今回はオリジナルに近いディテールを追求したOG仕様(オリジナル仕様)となる。

アッパーはメタリックなナイロンで覆い、オールドテイスト感をプラス。

ヒールパッチへとつながるスウッシュ(ナイキのマーク)は、浮かび上がるように鮮やかなレッドとブルーで縁取った。

3色使いのアンクルストラップも当時の素材感で表現。

レトロなデザインが再び人気を集めそうだ。

日本国内では2017年10月1日よりナイキ取扱店で発売。
価格は12,960円。

 

改めまして、引用元の記事へはコチラから。
→ http://sneakerwars.jp/items/view/6895

 

正面

 

1984年に登場したVANDAL

それは、AIR FORCE Ⅰ(エアフォースワン) の後継モデルとしてだそうです。

この、一見派手な銀赤というカラーリングは、通称ウルトラマンカラーと呼ばれ、何色もリリースされているVANDALの中でも人気が高いです。

本当に記憶が曖昧なので、間違っていたら本当に申し訳ないのですが、確か、ポップアート・ストリートアートで有名なキース・ヘリングがオリジナルモデルを愛用してた筈です。

→  https://ja.wikipedia.org/wiki/キース・ヘリング

 

サイド

あと、このスニーカーの持つエピソードとしましては、映画ターミネーターシリーズの第一作目。

→  https://ja.wikipedia.org/wiki/ターミネーター(映画)

映画ターミネーター1で、マイケル・ビーン演じる カイル・リースが、劇中で着用したのが ナイキのバンダルなんだそうです。

はじめ、未来からやってきたカイルは素っ裸。

彼は衣服を手に入れる必要があり、それらを盗品で済ませます。

その時、足元に選んだのがバンダルで、カラーリングは黒/銀でした。

それにより、バンダルの黒/銀カラーのファンだというスニーカー好きの方が一定数いらっしゃいます。

 

後ろ(ヒール)

ナイキのVANDAL。

今回の銀/赤カラーと配色は違えど、名作と呼ばれる映画に登場した事のある、名作スニーカーと言えます。

1984年の登場後、僕の知ってる範囲で このVANDALの銀/赤カラーは2002年と2008年に復刻されます。

 

履き口の裏側には、11 850901(6ケタの数字の一番左。85は85年を表す)の数字が。

 

2002年と2008年の復刻。

前者の2002年復刻版は、オリジナルのものと比べ、根本としてアッパーマテリアルが違うらしく、ファンやマニアからはかなり厳し目な評価を受けていたらしいです。

 

バンダルの2002年復刻版

 

15年前。2002年の復刻当時、僕は16歳。

ストリートファッションが圧倒的に力を持っていた時代で、読んでたファッション雑誌はもちろんストリートファッション誌。

その雑誌の中で、このバンダルというスニーカーが紹介されてたのを今でも覚えています。


銀色のスニーカー。派手やけどなんかめっちゃかっこいい・・・。

雑誌を見て、指をくわえるしかできなかった僕。

それから何日だったか数ヵ月だったかが経ち、友人と名古屋へ買い物に行く機会がありました。

 


その時フラッと寄ったお店で、僕は紙面でしか見たことのなかったバンダル サプリーム 銀/赤 を見つけます。

でも、その時持ち合わせてたお金では買えず、泉のように沸き上がる物欲をグッとこらえて帰宅しました。

 

それから6年が経った2008年。

ファッションの専門学生だった時分に念願の再復刻。

迷わず購入しました。

でもそれは、前述の説明にあるように、僕が憧れた2002年の復刻版とは表情がほとんど違う生地感・質感のもの。

 

2008年復刻のものは、ヴィンテージ加工がされています。

 

生粋のスニーカーファンからすれば、僕の購入した2008年版よりも、2002年の復刻版で使われた生地・質感の方が、コアなファン層が望むオリジナルとはほど遠い質感で邪道だとされてたそうなのですが、僕からしたらバンダル サプリーム 銀/赤 は2002年の仕様・生地感こそが正解な訳です。

 

2008年の復刻版を入手できたなら、憧れの2002年復刻版も欲しい。

 

そう思ってたらタイミング良く、当時の下宿先の近くのリサイクルショップで2002年復刻版で状態の良いものを発見。

迷わず購入しました。

 

↑2002年復刻版

 

↑2008年復刻版


結論として、2002年版も2008年版もどちらもかっこいい。


 

好きすぎて、2002年版 & 2008年版を愛用する僕。

そんな、スニーカー史としての背景・個人的な思い出を持つVANDALというナイキの名作モデル。

これまで色んなカラーのものが登場しました。

 

2013年02月16日発売:NIKE VANDAL PREMIUM QS BLACK/BLACK-TOTAL CRIMSON
→ http://sneakerwars.jp/items/view/982


2013年06月発売:NIKE VANDAL HIGH SUPREME VINTAGE 5COLORS

→ http://sneakerwars.jp/items/view/1277



2013年08月03日:NIKE VANDAL HIGH SUPREME VINTAGE BLACK/SAIL-WOLF GREY

→ http://sneakerwars.jp/items/view/1445


2015年06月25日:NIKELAB VANDAL HIGH BLACK/METALLIC SILVER

→ http://sneakerwars.jp/items/view/4160

 

銀赤カラー以外も含めると、数多く復刻されてきたバンダル。

でも、その中でもやっぱり銀赤なんですよね。僕の中でVANDALというスニーカーは。

それがやっと、2017年の今年に再び復刻。

16歳の頃から僕をずーっとワクワクさせてくれたスニーカーです。

入手しないわけがありません。

 

 


まずはじめに海外のスニーカー情報サイトで発売情報を知り、しばらく待ってみたものの、国内での販売情報が入ってこなかったため、海外限定復刻なのか・・・と判断。

信頼できる海外のスニーカーショップのオンラインストアで購入し、入手。

しかし、良いのか悪いのか、商品が手元に届いた数日後に、日本での販売情報が発表されました(笑)

 

早とちりして入手したという経緯がありますが、大好きなモデルです。

後悔はありません。

 

と、いう事で、ここからは撮影した写真を複数枚紹介します。

↓ ↓  ↓  ↓  ↓   ↓

 

正面

 


 


 

 

サイド

 


 

後ろ

ヒール

 

履き口の内側

 

シュータン(ベロ)

 

生地感はこんな感じ。

 

 


シューズボックス

 

 

 

過去の復刻版と並べてみました。

 


過去の復刻版(2002年ver. & 2008年ver.)と簡単に比較してみました。

 

↑手前から、2002年版、2008年版、2017年版。

 

↑左から、2002年版、2008年版、2017年版。

 

↑左が2002年版、右が2008年版、上にあるのが2017年版。


バンダル各年代復刻版のそれぞれの生地感の比較写真。

 

2002年版と2008年版、そして今回の2017年版とでは生地感が違うので、並べて写真を撮ってみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

↑左が2002年版、右が2017年版。

2002年版の方が、銀色っぽさが強いです。

 

↑左が2008年版、右が2017年版。

2008年版はヴィンテージ加工が施され、シワが入ってたりするので、2017年版と比べると表情が全然違います。

↑左から、2002年版、2008年版、2017年版の靴の裏。

↑靴の裏の色が違いました。

 


↑今回の2017年復刻版は、靴の底(靴の裏)が紺色。

 

僕はバンダル 銀/赤をこうやって履きます。

 

僕は今回復刻された ナイキ バンダル ハイ サプリーム 銀/赤カラー(通称ウルトラマンカラー)を、このように履きます。

 


 

↑実は、はじめから通ってたグレー色の靴ヒモとは別で、赤色の替え紐が付属してるんです。

 

赤色の靴紐に通し替えました。

 

嬉しいことに、赤色の替え紐が付属されているこのバンダル ウルトラマンカラー。

なので、僕は赤色に変更して着用することにしました。

 



 

めちゃくちゃかっこいいです。

 

 

まとめ

 


 

相変わらず僕をワクワクさせてくれるこのバンダル ハイ サプリーム ウルトラマンカラー。

 

今回の2017年復刻版も大切に履きます。

 

最後に、既に所有していた2002年復刻版と2008年復刻版を紹介した過去の記事を紹介します。

 

NIKE バンダル サプリーム ウルトラマンカラー



バンダル ハイ サプリーム ウルトラマンカラー 2002年復刻版
→ http://mtatkk.com/blog-entry-13067.html

 

 

NIKE バンダルハイ (VNTG) ウルトラマンカラー 325317 061



バンダル ハイ サプリーム ウルトラマンカラー (ヴィンテージ加工) 2008年復刻版
→ 
http://mtatkk.com/blog-entry-13069.html

 

 


 

ではでは

【バズ?炎上?体験談から学ぶブログのちから】第5回岡ブロを終えました。


 

去る9月10日(日)、僕が運営メンバーとして携わらせて頂いてる、第5回目となる岡ブロが行われました。

岡ブロは、岡山ブログカレッジの通称。

既にブログを運営してる人も、これからブログを始めたい人でも。ブロガー同士が交流できる岡山で唯一の学び場。共に学び合い成長していこう!というブロガーの集まれる場です。

 

講師のパパンダさん

 

第5回目の今回、講師は岡ブロ運営メンバーでもあるパパンダさん

テーマは、「バズ?炎上?体験談から学ぶブログのちから」です。

育児ブロガーであるパパンダさんは、妻よ、子供達よ、ごめん。パパは無職になります。育休後復帰の難しさについて。http://www.papanda-life.com/entry/2016/11/06/080000)という記事が拡散されまくった経緯の持ち主。

その時の心境を含め、もしも、僕たち自身のブログが大規模で拡散・シェアされた時の心構えや対応法・活かし方をパパンダさんの実体験のもと教わりました。

 


 

僕が個人的に学べたのは、バズでも炎上でも、自分のブログが拡散・シェアされようと思ったら3つの要素が必要だということ。

 

①ブログの読み手を動かす内容の記事であること。


例えば、「この記事 役に立つからシェアしたい。」「この記事は大きく間違ってる!こんな意見を書いてるけれど、自分は◯◯だと思う。」「すごく共感したから、シェアしよう」など、読み手にシェアしてもらえるくらいの影響力ある内容である必要があります。

 

②記事のタイトルが興味を引くものである。


①で挙げた「記事の内容」が大事なのはもちろんなのですが、

ネットで記事をクリックしてもらおうと思ったら、「お?これどんな記事なんだろ?気になる・・・。」とネットユーザーに思わせる必要があります。

パパンダさんの場合、僕にはできない言葉のチョイスでタイトルの付け方が魅力的。

基本、ファッション関連や同業界の情報しか興味のない僕ですが、ちょいちょいクリック(タップ)してパパンダさんのブログ記事を読んでます。

 

③職場・家庭などのリアルな繋がりだけでなく、SNSなどでオンライン上でのコミュニティに属していること。


バズでも炎上でも、共通して言えるのはSNSによる拡散であること。

ということは、多くのSNSユーザーに記事を読んでもらうことが前提となります。

そうなると、身内や職場の人たちがシェアしまくってくれる可能性は小さいです。

パパンダさんの場合、「はてなブログを運営してるはてなブロガー同士のコミュニティー」・「Twitter上でのコミュニティー」があり、それがきっかけで記事を読んでもらい、シェア・拡散に繋がったそうです。

 

会場は美観地区にある和食処 カモ井さん とトシさん

これら3つの要素。

「それくらいわかっとるわい!」というブロガーさんはたくさんいると思いますが、それができない・できてないブロガーさんも少なくないハズです。

ですので、僕自身も今後さらに意識してきたいと思います。

 

【岡ブロをファッション目線で楽しむ。】第4回岡ブロ。生川的MVPは

 


 

さて。話は変わって、ここからは僕の個人的な岡ブロの楽しみを。

 


ファッションのお仕事をさせて頂いてるだけあり、やはり運営メンバーはじめ講師の方・参加者のみなさんのファッションが気になる訳です。

 

今回 紹介させていただきたい生川的MVPはこちら。

↓ ↓  ↓  ↓  ↓

 


岡野さんの足元。

ニューバランスのスニーカーと、そのスニーカーとカーキ色のズボンとがGOODバランスなところです。

岡野さんは大工さん。時に、建築学科の高校生に技術指導をなさることも。

ニューバランスのスニーカー。

数年前にブームが起き、いまでは多くのファッション好きな人たちが愛用しています。


僕の人生一度目の販売員時代、当時僕は18歳。

その当時、ニューバランスのスニーカーというのは、本当にお洒落な人だけが履きこなし、着用することを許されたスニーカー。

他に履いてる人といえば、ファッション・お洒落といった言葉とはかけ離れたおじさんおばさん達が着用する「THE いけてないメーカー」でした。

※↑あくまでも僕の個人的な見解です。

いまでも、おじさんおばさん御用達……な要素は少なからずあります。

が、ニューバランスから発売されてるモデルの中でも、ある特定の種類を選べばお洒落に街履きすることができます。

 


今回の岡野さんはまさに良い例。

着用モデルは996というモデルで、お洒落として履ける種類のニューバランスのスニーカーを選んでらっしゃいます。

それにより、ファッション好き・スニーカー好きな人が見ても「お!この人いいスニーカー履いてる!」って感じるのです。

JACKT REQUIRED:N好きがUSA製900シリーズに辿り着くという事実
→ http://www.jacketrequired.jp/blog/editor/15491/

↑実際、ネットで検索してみるとこのような記事が書かれてるくらい、996はじめ900番台(900シリーズ)と呼ばれる種類は、ファッション好きの人たちから支持があります。

 

岡野さんのニューバランスのスニーカーは996。

余談ですが、ニューバランスでこのあたりを押さえておけばファッション好き目線でもOKと思える種類は、576のUSA製・UK製、580、900番台(996や997、998あたり)、1300、1400、1500、1700など。

↑パッと思い浮かんだものを書き上げてみました。

まだいくつかありますが、割愛します。

 

さらに岡野さんの場合、カーキ色のズボンと、スニーカーの色と生地感&質感の組合せが魅力的。

 

カーキ色(ズボン)とベージュ色(靴)は、目に優しいアースカラーの組み合わせ。

 

ベージュ色のヌバックを用いたスニーカーと、雰囲気の良い素材感が特徴のリネン生地で仕立てられたカーキ色のズボン。

どちらもアースカラー(木や土などでみられる自然の色)で、相性バッチリ。

なんなら、それぞれアジのある雰囲気なので、各アイテムが持つ雰囲気という面でも相性がすごく良いです。

 

岡ブロもファッションも楽シイ!!!

というわけで、第5回岡ブロもファッション好きな面で楽しく取り組むことができました。

次回岡ブロは、10月15日(日)開催。

外部講師にWEBライターの吉見夏実さんをお招きします。

詳しくは、岡ブロ発起人ちーさんのこちらのブログ記事( → https://estpolis.com/2017/09/38573.htmlの最後の方をご覧ください。

バズ体験をブロガーに岡ブロで共有した理由とは?第5回岡山ブログカレッジ開催レポート



 

ではでは